「FTX US」がゲーム部門「FTX Gaming」設立、トークンやNFT発行支援

「FTX US」がゲーム部門「FTX Gaming」設立

暗号資産(仮想通貨)取引所などを運営するFTXトレーディングのアメリカ法人「FTX US」が、ゲーム事業を開始することが2月21日に分かった。

ゲーム事業を開始のための新部門として「FTX Gaming」が立ち上げられた。この事業部の主な目的は、既存のゲーム関連企業がブロックチェーン技術やNFTならではのゲームを開発するための支援を行うことだという。

FTX VenturesやGamingのトップを務めるエイミー・ウー(Amy Wu)氏が、ツイートで具体的な内容について説明している。それによると「FTX Gaming」は企業がNFTやトークンを発行ためのコアプロダクトのエンドツーエンドのソリューションを提供していくという。 さらに「FTX Gaming」はカストディアルウォレットとノンカストディアルの統合、プライマリーおよびセカンダリー取引、コンプライアンスとライセンスなど規制に準拠した形で提供していくとのことだ。

FTXは今年の1月にWeb3領域特化の「FTXベンチャーズ」というファンドを約2,300億円規模で組成した。このファンドが注目している領域は「ゲーム、ソーシャル、ソフトウェア、フィンテック、ヘルスケア」とのことで、新部門の「FTX Gaming」とも連携していくと考えられる。

また「FTX US」は株取引の「FTX Stocks」のサービスローンチも控えている。

NFTとは

「NFT(Non Fungible Token:ノンファンジブル・トークン)」とは、代替が不可能なブロックチェーン上で発行されたトークンを指す。NFTの規格で発行されたトークンは、そのトークン1つ1つで個別の価値を持つ。そのためNFTを画像や映像などのデジタルデータと紐付けることで、デジタルデータの個別の価値を表現することに活用されている。

なおNFTという言葉は現在幅広く活用されており、活用するブロックチェーンやマーケットプレイスの種類によって、その機能や表現できる価値が異なる可能性があることには留意が必要だ。

関連ニュース

FTX US、株取引の「FTX Stocks」を近日中に提供へ

「FTX US」がソフトバンクらから約460億円調達、米国市場本格参入へ

「FTX US」、米プロスポーツ4チームとパートナーシップ締結

「FTX US」、NBA「ウォリアーズ」とパートナーシップ締結

「FTX. US」、ソラナ(Solana)基盤のNFTマーケットプレイスをローンチ。今後イーサリアムも対応

デザイン:一本寿和
images:iStocks/Arkadiusz-Warguła・artacet

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【12/5話題】博報堂とステイクが博報堂キースリー新設、ギャラクシーデジタルがカストディのGK8買収など(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ハッカソン企画・運営「博報堂キースリー」新設、ギャラクシーデジタル、カストディ企業GK8買収、みずほリサーチ&テクノロジーズとSBI R3 Japan、Datachainとクロスチェーン技術で連携開始、アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート、オーケーコインジャパンがパレット(PLT)ステーキングサービス提供へ、バイナンスにweb3学習PFの「Hooked Protocol(HOOK)」がIEOで上場、イタリア、暗号資産への課税強化。税率26%へ=報道、ニア財団、南米大手食品加工「グルポ・ヌトレサ」と提携、体操界新時代エース「堀川倫太郎」、FiNANCiEでトークン発行、3×3バスケ「信州松本ダイナブラックス」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored