FTX、オルタナティブ投資企業SkyBridgeの株式30%取得

FTX、SkyBridgeの株式30%取得

暗号資産(仮想通貨)取引所など運営するFTXのベンチャーキャピタル部門FTXベンチャーズ(FTX Ventures)が、スカイブリッジ・キャピタル(SkyBridge Capital)の株式30%を取得することを9月9日に発表した。オルタナティブ投資企業であるスカイブリッジ・キャピタルは、主に上場前のレイターステージのベンチャー企業への出資を2005年より実施している。なお両社はここ数年、複数の協業やパートナーシップを締結している。

スカイブリッジ・キャピタルは、FTXベンチャーズからの出資を受けて、企業の成長促進と新プロダクトのローンチのための運転資金をさらに獲得していくとのことだ。またスカイブリッジ・キャピタルは調達資金の一部を使って4000万ドル(約57億円)相当の暗号資産を購入し、長期投資として企業のバランスシートで計上し、保有する予定とのことだ。なお同社は市場環境にかかわらず、高収益性と無借金性を維持しているという。

スカイブリッジ・キャピタルの創業者でマネージング・パートナーであるアンソニー・スカラムッチ(Anthony Scaramucci)氏は「FTX創業者で代表のサムは、スカイブリッジの将来と相乗効果のある素晴らしいビジネスを構築してきた先見性のある人物です。2005年の創業以来、当社の事業は進化を続けてきました。ブロックチェーンに大きく投資しながら、多角的な資産運用会社であり続けます」とリリースでコメントしている。

FTXのサム・バンクマンフリード(Sam Bankman-Fried)氏は「私たちは暗号資産に関連する投資活動においてスカイブリッジと緊密に協力し、また暗号資産関連以外の有望な投資についても彼らと共に取り組むことを楽しみにしています」とコメントしている。

参考:FTX Ventures
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Максим-Ивасюк・Thinkhubstudio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【9/30話題】バイナンスがETHWのマイニングプール提供、ワーナーミュージックとオープンシー提携など(音声ニュース)

バイナンスがPoW版イーサリアム「ETHW」のマイニングプール提供開始、1か月は無料で、ワーナーミュージックとオープンシー提携、Music NFTプロデュースへ、メタマスク、暗号資産やNFT一覧表示機能「Portfolio Dapp」β版を公開、DG Daiwa Venturesがアフリカ暗号資産取引所「Yellow Card」へ出資、Polychainらと、ビットポイントがIOSTのネットワークノード参加、ステーキングサービスも今後展開へ、アバランチ(AVAX)活用の再保険「Re」、シードラウンドで約20億円調達、共和党議員ら米国個人年金制度(401k)の投資先拡大する法案提出、暗号資産も対象に、米ブラックロック、欧州でブロックチェーン関連企業ETF発売、USDCのサークル、決済システム企業エレメンツ買収、暗号資産決済の簡略化目指す、BISやイスラエル・ノルウェー・スウェーデンの中銀、CBDC調査プロジェクト開始、フェイスブックとインスタの「NFT投稿機能」全米ユーザー利用可能に、クロス投稿も、FTXグローバル、「Synapse (SYN)」取り扱いへ、バイナンス、ニュージーランドで「金融サービス提供ライセンス」取得、フラクトン、ファイルコイン(FIL)開発のプロトコルラボと協業、京都府丹後にコミュニティ通貨「コッペ」導入、カヤック「まちのコイン」活用で、日本ガイシとリコー、BC活用の電力デジタルサービス事業化で合弁会社設立へ、Bリーグ所属3チームがFiNANCiEでNFT配布、岩手ビッグブルズ・佐賀バルーナーズ・鹿児島レブナイズ、堤幸彦、本広克行、佐藤祐市の「SUPER SAPIENSS」、ジェネレーティブNFT販売へ

Sponsored