GameStopとFTXUSがパートナーシップ締結、一部店舗でFTXギフトカード取扱へ

GameStopとFTXUSがパートナーシップ締結

米ビデオゲーム小売のゲームストップ(GameStop)ゲームストップ(GameStop)が、FTX USとパートナーシップを締結したことを9月7日に発表した。

このパートナーシップは、ゲームストップのサービスを利用するユーザーが、FTXのコミュニティとそのデジタル資産用のマーケットプレイスを紹介することを目的としているとのことだ。

具体的にゲームストップとFTX USは、新しいeコマースとオンラインマーケティング施策で協力するほか、ゲームストップでは一部の店舗でFTXギフトカードの取り扱いを開始する予定だという。

ゲームストップは、今年5月に暗号資産(仮想通貨)ウォレット「ゲームストップウォレット(GameStop Wallet)」を公開し、7月にはNFTマーケットプレイス「ゲームストップNFT(GameStop NFT)」のベータ版をローンチした。またImmutable Xとも協業しており、ゲームストップはweb3領域へ注力している。

参考:プレスリリース
images:iStocks/RiverNorthPhotography

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【6/25話題】「Yay!」がWorld IDと認証連携、マウントゴックスが7月から弁済開始など

ナナメウエ「Yay!」、ワールドコインの「WorldID」との認証連携を開始、マウントゴックスが7月から弁済開始、ビットコインとビットコインキャッシュで、国内投資マネージャーの半数以上が暗号資産への投資意欲示す、レーザー・デジタルが報告、ビットポイントにドージコイン(DOGE)上場、テザー、イオスとアルゴランドでの「USDT」発行停止、イーサリアムL2「ブラスト」、プロトコルのガバナンスを管理するブラスト財団設立、アイゲンレイヤーの「EigenDA」、シビル攻撃やDDoS攻撃の対策でセキュリティ強化、ソラナ、ZK圧縮技術でブロックチェーンの保存コストを大幅削減、テザー社、台湾の大学でブロックチェーン関連の教育プログラム開始

Sponsored