Gameplay Galaxyが約18億円の資金調達、分散型対戦ゲームエコシステム構築に向け

Gameplay Galaxyが約18億円の資金調達

web3を活用した分散型対戦ゲームエコシステムの構築を目指す企業であるゲームプレイギャラクシー(Gameplay Galaxy)が、シードラウンドの資金調達として1280万ドル(約18.3億円)の調達を完了したと9月7日に発表した。

ゲームプレイギャラクシーは、米サンフランシスコを拠点に、バイクアクションゲーム「トライアルエクストリーム(Trial Xtreme)」の開発者らによって運営されている企業だ。

発表によると今回の資金調達ラウンドはブロックチェーンキャピタル(Blockchain Capital)が主導し、メリットサークル(Merit Circle)、カムツス(Com2uS)、ミステンラボ(Mysten Labs)、ソラナベンチャーズ(Solana Ventures)、イールドギルドゲームズ(Yield Guild Games)、ハッスルファンド(Hustle Fund)が出資参加した。

調達した資金は、web3機能を統合した新しいゲームの構築やシームレスな体験ができるサービスの設計と作成、ウォレットサービスの開発、開発チームの拡充に充てるという。

今後ゲームプレイギャラクシーは、エクストリームスポーツゲームを中心に開発し、プレイヤーは車両、レーストラック、キャラクター、ワークショップ、その他のアイテムをNFTとして所有し、分散型マーケットプレイスで売買することができるようになるという。

またユーザーは、トーナメントやイベントを主催することができ、それにより収入が得られる他、ゲームに勝つことでも換金可能なトークンの入手ができるようなるとのこと。

ゲームプレイギャラクシーの創設者兼COOのマヤ・グレヴィッチ(Maya Gurevich)氏は、「web3は、5年前には予測すらできなかったイノベーションをもたらしましたが、今回プレイヤー自身が所有・運営する分散型対戦ゲームという新たなイノベーションを提供できることに興奮しています」と語っている。

またブロックチェーンキャピタルの創設者兼マネージングパートナーのバートステファン(Bart Stephens)氏は「Gameplay GalaxyチームはTrial Xtremeでうらやましいほどの実績を残しており、web3ゲームに魅力的なコンテンツを提供しようとするこのチームをサポートできることを嬉しく思います」と述べている。

関連ニュース

トレードワルツが9億円の資金調達、累計額39億円に

【取材】web3企業shiftbaseがCCCから資金調達、そして代表交代の理由は?

日本法人のトークン発行等サポートする「BOBG」、アリーバ・DJT・石川駿らから資金調達

セキュリタイズとSTM、web3クラウドファンディング形式の資金調達実施

YGG Japan、約3.8億円資金調達

参考:Gameplay Galaxy
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Arkadiusz-Warguła・BadBrother

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【9/30話題】バイナンスがETHWのマイニングプール提供、ワーナーミュージックとオープンシー提携など(音声ニュース)

バイナンスがPoW版イーサリアム「ETHW」のマイニングプール提供開始、1か月は無料で、ワーナーミュージックとオープンシー提携、Music NFTプロデュースへ、メタマスク、暗号資産やNFT一覧表示機能「Portfolio Dapp」β版を公開、DG Daiwa Venturesがアフリカ暗号資産取引所「Yellow Card」へ出資、Polychainらと、ビットポイントがIOSTのネットワークノード参加、ステーキングサービスも今後展開へ、アバランチ(AVAX)活用の再保険「Re」、シードラウンドで約20億円調達、共和党議員ら米国個人年金制度(401k)の投資先拡大する法案提出、暗号資産も対象に、米ブラックロック、欧州でブロックチェーン関連企業ETF発売、USDCのサークル、決済システム企業エレメンツ買収、暗号資産決済の簡略化目指す、BISやイスラエル・ノルウェー・スウェーデンの中銀、CBDC調査プロジェクト開始、フェイスブックとインスタの「NFT投稿機能」全米ユーザー利用可能に、クロス投稿も、FTXグローバル、「Synapse (SYN)」取り扱いへ、バイナンス、ニュージーランドで「金融サービス提供ライセンス」取得、フラクトン、ファイルコイン(FIL)開発のプロトコルラボと協業、京都府丹後にコミュニティ通貨「コッペ」導入、カヤック「まちのコイン」活用で、日本ガイシとリコー、BC活用の電力デジタルサービス事業化で合弁会社設立へ、Bリーグ所属3チームがFiNANCiEでNFT配布、岩手ビッグブルズ・佐賀バルーナーズ・鹿児島レブナイズ、堤幸彦、本広克行、佐藤祐市の「SUPER SAPIENSS」、ジェネレーティブNFT販売へ

Sponsored