アマゾンら、ECBの中銀デジタル通貨「デジタルユーロ」プロトタイプ開発へ

アマゾンらがECBの「デジタルユーロ」プロトタイプ開発へ

欧州中央銀行(ECB)が、アマゾン(Amazon)など5つの企業と共同で、中央銀行デジタル通貨(CBDC)「デジタル・ユーロ」のユーザー・インターフェースプロトタイプを開発する予定であることを9月16日に発表した。

「デジタル・ユーロ」のプロトタイプの開発に参加する5つの企業は、アマゾン(Amazon)、カイクサバンク(CaixaBank)、ワールドライン(Worldline)、EPI、ネクシィ(Nexi)だ。

プロトタイプ開発の目的は、デジタル・ユーロを支える技術が、企業開発のプロトタイプとどの程度統合されるかを検証することだという。5社が開発したフロントエンドのプロトタイプを使用して模擬取引を開始し、ユーロシステムのインターフェースとバックエンドのインフラを通じて処理するとしている。なおこのプロトタイプは、デジタル・ユーロ・プロジェクトの後続フェーズで再利用される予定はないとのことだ。

このプロトタイピングは、現在進行中のデジタル・ユーロ・プロジェクトにおける2年間の調査段階における重要な要素であり、2023年の第1四半期には完了する予定としている。なお欧州中央銀行(ECB)はデジタルユーロの発行に向け、2年間に及ぶ調査フェーズを開始することを2021年7月に発表していた。

参考:ECB
images:iStocks/liulolo

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【9/28話題】LINE NFTがNFT無料配布機能、STEPNで「GMT」獲得可能になど(音声ニュース)

LINE NFT、「NFT無料配布機能」提供へ、LINEの暗号資産「リンク(LN)」、Gate. ioに上場へ、STEPNで「GMT」獲得可能に、レべル30で本日中に開始、アスター(ASTR)とGincoが提携、企業向けカストディソリューション提供で、米ロビンフッドがノンカストディアルweb3ウォレット「Robinhood Wallet」β版公開、ポリゴン(MATIC)対応で、クリスティーズ、オンチェーンオークションの「Christie's 3. 0」提供開始、OpenSea、イーサリアムL2「Optimism」基盤のNFTサポート開始、マスターカードでNFTカスタマイズ可能なデビッドカード、hiが提供、ホットリンクとモバファクが業務提携、NFT事業拡大に向け、岐阜県恵那市がBC活用「脱炭素・経済循環システム」実証事業、日本ガイシ・リコー・IHIらと、【取材】traveryとDMM、国内web3エンジニア増加目指し「Tokyo web3 Hackathon」を開催へ、デジタルガレージが「THE NEW CONTEXT CONFERENCE TOKYO 2022 Fall」開催、ローレンス・レッシグら登壇

Sponsored

マスターカードでNFTカスタマイズ可能なデビッドカード、hiが提供

暗号資産(仮想通貨)取引サービス提供のhiが、マスターカード(Mastercard)が提供するNFTカスタマイズ機能を搭載した世界初のデビットカードを9月26日に発表した。このデビットカードは、利用者が保有するNFTをカード表面に表示することができる。またデビットカード利用者には1から10%のキャッシュバック特典もあるとのことだ。