タイSEC、企業提供のステーキングとレンディング禁止の方針へ

タイSECが企業によるステーキングとレンディング提供を禁止の方針

タイ王国のSEC(証券取引委員会)が、同国において提供されている暗号資産(仮想通貨)関連企業のステーキングおよびレンディングのサービスについて禁止する方針を進めている。

タイSECは9月15日、同方針に関する公聴会を開催することを発表した。この公聴会は、9月1日に行われた会議で暗号資産サービスプロバイダーのステーキングサービスとレンディングサービス提供とサポートを禁止する規則を定める案が承認された為、開催に至ったとのことだ。

なお承認された規制案は、ステーキングなど暗号資産の利用により発生した収益だけでなく、プロモーション予算などの別の資金源から支払われる場合についても規制の対象としている。また暗号資産によるステーキングおよびレンディングに関する広告についても禁止される方針だ。

SECはこの問題についての公聴会を開き、10月17日まで意見を集める予定であることを報告している。

今年に入りビットコインを含む多くの暗号資産の価格が下落しており、その影響を受け、セルシウスネットワーク(Celsius Network)やバベルファイナンス(Babel Finance)などのいくつかのサービスが出金停止になっていた。

タイ国内でも、暗号資産取引所ジップメックス(Zipmex)が7月に出金を一時停止しており、SECが詳細を明らかにするよう同取引所へ要請したことが明らかになっている。またそれに対し同取引所は9月に、取引情報を開示していないとして警察に通報されている。

タイSECはこういった国内外の市況を鑑み、国内での暗号資産に関する被害を減らすこと、そして当局によって規制されているサービスと規制外のサービスを誤解されることの防止を目的に今回の方針を定めたとのことだ。

なおタイでは以前から暗号資産関連の規制強化を進めており、9月1日にはインフルエンサーやブロガーの利用を含む広告や支出の詳細を、条件や期間を含めてSECに提示しなければならないというルールを導入している。

関連ニュース

タイ大手銀行のカシコンとアユタヤ、DeFiプロトコル「Forward」に出資

タイSEC、暗号資産関連の広告を規制強化

コンチネンタルタイヤが伊藤忠の「PROJECT TREE」に参加、ヤナセ販売タイヤを「責任ある調達証明」に

タイ中銀、リテールCBDC実証実験を年内開始へ

セキュリタイズとSTM、web3クラウドファンディング形式の資金調達実施

参考:SEC
デザイン:一本寿和

images:iStocks/intriceight・Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【9/30話題】バイナンスがETHWのマイニングプール提供、ワーナーミュージックとオープンシー提携など(音声ニュース)

バイナンスがPoW版イーサリアム「ETHW」のマイニングプール提供開始、1か月は無料で、ワーナーミュージックとオープンシー提携、Music NFTプロデュースへ、メタマスク、暗号資産やNFT一覧表示機能「Portfolio Dapp」β版を公開、DG Daiwa Venturesがアフリカ暗号資産取引所「Yellow Card」へ出資、Polychainらと、ビットポイントがIOSTのネットワークノード参加、ステーキングサービスも今後展開へ、アバランチ(AVAX)活用の再保険「Re」、シードラウンドで約20億円調達、共和党議員ら米国個人年金制度(401k)の投資先拡大する法案提出、暗号資産も対象に、米ブラックロック、欧州でブロックチェーン関連企業ETF発売、USDCのサークル、決済システム企業エレメンツ買収、暗号資産決済の簡略化目指す、BISやイスラエル・ノルウェー・スウェーデンの中銀、CBDC調査プロジェクト開始、フェイスブックとインスタの「NFT投稿機能」全米ユーザー利用可能に、クロス投稿も、FTXグローバル、「Synapse (SYN)」取り扱いへ、バイナンス、ニュージーランドで「金融サービス提供ライセンス」取得、フラクトン、ファイルコイン(FIL)開発のプロトコルラボと協業、京都府丹後にコミュニティ通貨「コッペ」導入、カヤック「まちのコイン」活用で、日本ガイシとリコー、BC活用の電力デジタルサービス事業化で合弁会社設立へ、Bリーグ所属3チームがFiNANCiEでNFT配布、岩手ビッグブルズ・佐賀バルーナーズ・鹿児島レブナイズ、堤幸彦、本広克行、佐藤祐市の「SUPER SAPIENSS」、ジェネレーティブNFT販売へ

Sponsored