コインベースジャパン、LINK、ENJ、OMG、ETC、BATの5銘柄取扱い開始

コインベースジャパンが「LINK」など5銘柄取扱い開始

国内暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースジャパン(Coinbase Japan)が、チェーンリンク:Chainlink(LINK)など5銘柄の暗号資産の取り扱い開始を9月15日発表した。

今回上場した銘柄はチェーンリンク:Chainlink(LINK)の他、エンジンコイン:Enjin Coin(ENJ)、オミセゴー:OmiseGo(OMG)、イーサリアムクラシック:Ethereum Classic(ETC)、ベーシックアテンショントークン:Basic Attention Token(BAT)だ。

コインベースジャパンは今回の5銘柄の上場により、全11銘柄の暗号資産を取り扱うことになった。

現在同取引所では、ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、ポルカドット(DOT)、ステラルーメン(XLM)、チェーンリンク(LINK)、エンジンコイン(ENJ)、オーエムジー(OMG)、イーサリアムクラシック(ETC)、ベーシックアテンショントークン(BAT)の取引が行われている。

関連ニュース

米コインベースで「Hedera (HBAR)」上場へ

元コインベースのマネージャーの弟、インサイダー取引容疑で有罪認める

コインベース、米財務省のTornado Cash制裁訴訟を支援

米コインベースで「Convex Finance(CVX)」と「Ocean Protocol (OCEAN)」上場へ

米コインベースでNear Protocol(NEAR)上場へ、ネイティブトークンで

デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ