米コインベースで「Hedera (HBAR)」上場へ

米コインベースでHBAR上場へ

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)で、暗号資産へデラ:Hedera (HBAR)が上場することが9月12日に発表された。

ヘデラは流動性条件が満たされ次第、「コインベースドットコム(Coinbase.com:販売所)」及び、同社提供の個人トレーダー向けプラットフォーム「コインベース・エクスチェンジ(CoinbaseExchange)」にて、9月13日午前9時以降(PT)以降に取引開始される予定と発表されていたが、その後コインベースより、取引開始を予定時刻より遅らせると改めてアナウンスされている。

なお取引ペアについては、USDとUSDTをサポートすることになっており、段階的に開始されるという。なおコインベースがサポートするのは、へデラネットワーク(Hedera Network)上で発行されたトークンとなる。

へデラ:Hedera (HBAR)とは

へデラ(HBAR)は、へデラパブリックネットワーク内で2つの役割を担っている。1つ目はスマートコントラクト、ファイルストレージ、通常の取引など、へデラのサービスを動かすためのガス代として、2つ目はへデラのユーザーはトークンをステークしてプラットフォームの完全性を維持する事ができるため、ネットワークの安全性を確保するためにも使用されている。

へデラはバイナンス(Binance)、ビットトレックス(Bittrex)、フォビグローバル(Huobi Global)などで取り扱われており、時価総額は約2,250億円(9/13コインマーケットキャップ調べ)となっている。

参考:コインベース
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ