元コインベースのマネージャーの弟、インサイダー取引容疑で有罪認める

元コインベースのマネージャーの弟、インサイダー取引容疑で有罪認める

米国で暗号資産(仮想通貨)取引所などを運営するコインベースグローバル(Coinbase Global)の元プロダクトマネージャーのイシャン・ワヒ(Ishan Wahi)氏の弟ニヒル・ワヒ(Nikihil Wahi)氏が、米国検察当局が暗号資産に関わる最初のインサイダー取引事件と呼ぶ、電信詐欺の共謀罪について9月12日に有罪を認めた。

ニヒル・ワヒ氏は、マンハッタンで行われたロレッタ・プレスカ連邦地裁判事のオンラインで行われた法廷での審理で、コインベースの機密情報を元に取引を行ったことを認めた。

検察は、元プロダクトマネージャーのイシャン・ワヒ氏がコインベースの上場予定の暗号資産に関する機密情報を、弟とその友人サミール・ラマニ(Sameer Ramani)氏と共有したと述べている。

その後ニヒル・ワヒ氏とラマニ氏はイーサリアムベースの暗号資産ウォレットを使用して資産を取得し、2021年6月と2022年4月にコインベースの上場発表前に少なくとも14回取引したとされている。

また検察は暗号資産の価値が上昇し、少なくとも150万ドル(約2億1,000万円)の利益が発生したとしている。

ニヒル・ワヒ氏は「コインベースの機密情報を受け取り、その機密情報に基づいて取引を行うことが悪いことだと知っていた」と裁判官に伝えた。

また同氏は「有罪だと認めることは、最終的に米国から強制送還され、これまで働いてきたすべてを失うことを意味すると理解している」とも説明している。

なお同氏は先月、有罪を認めていたが、検察側との合意により主張内容を変更したという。判決は12月に下される予定だ。

一方でイシャン・ワヒ氏は無罪を主張し、次回は3月22日に出廷する予定だ。そして同じく起訴されたラマニ氏は逃亡中だ。

この取引に関する内部調査の結果を検察と共有したというコインベースは、世界最大の暗号資産取引所の1つである。

※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。
翻訳:竹田匡宏(あたらしい経済)
images:Reuters
(Reporting by Lananh Nguyen and Saeed Azhar; writing by Michelle Price; Editing by Chizu Nomiyama and David Gregorio)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【9/30話題】バイナンスがETHWのマイニングプール提供、ワーナーミュージックとオープンシー提携など(音声ニュース)

バイナンスがPoW版イーサリアム「ETHW」のマイニングプール提供開始、1か月は無料で、ワーナーミュージックとオープンシー提携、Music NFTプロデュースへ、メタマスク、暗号資産やNFT一覧表示機能「Portfolio Dapp」β版を公開、DG Daiwa Venturesがアフリカ暗号資産取引所「Yellow Card」へ出資、Polychainらと、ビットポイントがIOSTのネットワークノード参加、ステーキングサービスも今後展開へ、アバランチ(AVAX)活用の再保険「Re」、シードラウンドで約20億円調達、共和党議員ら米国個人年金制度(401k)の投資先拡大する法案提出、暗号資産も対象に、米ブラックロック、欧州でブロックチェーン関連企業ETF発売、USDCのサークル、決済システム企業エレメンツ買収、暗号資産決済の簡略化目指す、BISやイスラエル・ノルウェー・スウェーデンの中銀、CBDC調査プロジェクト開始、フェイスブックとインスタの「NFT投稿機能」全米ユーザー利用可能に、クロス投稿も、FTXグローバル、「Synapse (SYN)」取り扱いへ、バイナンス、ニュージーランドで「金融サービス提供ライセンス」取得、フラクトン、ファイルコイン(FIL)開発のプロトコルラボと協業、京都府丹後にコミュニティ通貨「コッペ」導入、カヤック「まちのコイン」活用で、日本ガイシとリコー、BC活用の電力デジタルサービス事業化で合弁会社設立へ、Bリーグ所属3チームがFiNANCiEでNFT配布、岩手ビッグブルズ・佐賀バルーナーズ・鹿児島レブナイズ、堤幸彦、本広克行、佐藤祐市の「SUPER SAPIENSS」、ジェネレーティブNFT販売へ

Sponsored