ニュース

ニュースカテゴリに紐づく記事の一覧です

バフェット氏のバークシャ・ハサウェイ、ブラジルのデジタルバンク「Nubank」へ約550億円出資

ブラジルのデジタルバンクであるヌーバンク(Nubank)は、ウォーレン・バフェット(Warren Edward Buffett)氏が会長兼CEOを務める持ち株会社バークシャー・ハサウェイから約550億円(5億ドル)を調達したことを6月8日に発表した。この資金調達は2021年1月に開催されたシリーズGの延長とのことだ。既存投資家にはテンセントやセコイアなどが存在している。ちなみにヌーバンクの創業者デイビッド・ベレス(David Vélez)氏はセコイアにてパートナーを務めていた経歴がある。

スクエニとダブルジャンプ、LINE Blockchain上でNFTデジタルシールを提供へ

ブロックチェーンゲームの開発・運用を行うdoublejump.tokyo(ダブルジャンプトウキョウ)株式会社が、株式会社スクウェア・エニックスと共同開発しているNFTデジタルシール「資産性ミリオンアーサー」の提供プラットフォームに「LINE Blockchain」を採用することを6月9日に発表した。あわせてスクウェア・エニックスは「資産性ミリオンアーサー」のティザーサイトも公開した。

【6/8の話題】中国工業情報化省がBC推進提案、トランプ前大統領BTC批判など(音声ニュース)

中国工業情報化省、ブロックチェーンを推進する提案公表、トランプ前大統領、ビットコインを「スキャムのようだ」と批判、Binance NFTが100名のアーティスト選出、日本からVRアーティストせきぐちあいみ氏、Apple、iPhoneとMacに新しいデジタルキー・ウォレット機能追加を発表、石油パイプライン攻撃の「身代金ビットコイン」、米捜査当局押収、マイクロストラテジー、ビットコイン購入を目的に4億ドル分の私募債を発行

【6/7の話題】G7ステーブルコイン見解、エルサルバドルがBTC採用かなど(音声ニュース)

先進国首脳会議G7、ステーブルコインへの見解を示す、中央アメリカの小国エルサルバドル、ビットコインを法定通貨として採用か、米テキサス州知事、ブロックチェーン・暗号資産の発展のため法的枠組みを構築へ、米スクエア、太陽光発電を利用したマイニング施設建設へ、ソラナ(Solana)、約320億円から約490億円の範囲で資金調達中か、doublejump .tokyo、NFT管理Walletを核としたエンタメDXのSaaS「N Suite」の提供開始、DatachainのインターオペラビリティPJ「YUI」、HyperledgerLabsプロジェクトに、竹中鋼管が再エネ100%調達開始、アスエネのBC活用しCO2排出削減、JVCEAの第二種会員にCrypto Garage入会、Dev Protocol、オタクコイン協会戦略パートナーへ参画

Dev Protocol、オタクコイン協会戦略パートナーへ参画

日本発のDeFiプロトコル「Dev Protocol」の開発会社であるフレームダブルオー株式会社が、一般社団法人オタクコイン協会の戦略パートナーへ参画したことを6月7日発表した。今後、両者のプラットフォームを活用して、DeFiとアニメ文化双方のエコシステム発展に繋がるよう連携を推進していくとのことだ

ビットフライヤーが日米クロスボーダー取引、国際オリンピック委員会がNFT販売へなどのニュース解説ラジオ

ビットフライヤー、BTC/JPYペアでの日米クロスボーダー取引開始、国際オリンピック委員会(IOC)がNFT販売発表、アニモカと共同で、ブロックチェーンはFlow、FTXがNFTマーケットプレイスローンチへ、手数料は5%、トークン活用でカーボンニュートラルへ、暗号資産流動性プロバイダーGSR、ETH担保の米ドル融資商品提供へ、アンカレッジと米老舗銀行BnakProvが提携、バイナンスにNuCypher(NU)が上場、「デジタル通貨はロシアの金融システムの未来」露中銀総裁がCBDCについて言及、【取材】Concordium財団、日本向けメインネット・ローンチ・イベント「Concordium Genesis」を6月12日に開催(Japan lead 太田真)

国際オリンピック委員会(IOC)がNFT販売発表、アニモカと共同で、ブロックチェーンはFlow

国際オリンピック委員会 (IOC)とAnimoca Brands(アニモカブランズ)の子会社であるnWay(nウェイ)が、共同でオリンピックをモチーフにしたピンバッジのNFTの販売及び、それを用いたビデオゲームの開発をし、新たなデジタルエンターテイメントサービスを開始することを6月3日発表した。