国際決済銀行、クロスボーダー決済を実現する「プロジェクト・ネクサス」構想発表

国際決済銀行、クロスボーダー決済を実現する「プロジェクト・ネクサス」構想発表

国際決済銀行(BIS)が各国の高速決済システムを連携させ、国境を越えた即時決済を可能にする「プロジェクト・ネクサス(Project Nexus)」を7月28日に発表した。このプロジェクトは、G20らが進めているクロスボーダー決済の強化に向けた活動を補完するものとのことだ。

またこのプロジェクトはシンガポールとタイの決済プロジェクトをベースに、両国の高速決済システムを連携させ、電話番号のみで国境を越えた決済を可能にするとのこと。これにより即時決済以外にもより安価で透明性の高い送金が可能になるようだ。

BISのレポートによれば、現在世界では60以上の高速決済システムが運用されており、シンガポールとタイが他のすべての国と接続しようとすると、それぞれが59の統合を行う必要があるとのことだ。これがシステム導入の大きな課題となっているとのこと。

しかし「プロジェクト・ネクサス」を実装することで、各国の国際決済システムは一度に他国のシステムにアクセスできるようになるとのことだ。これが実現できるのは、「プロジェクト・ネクサス」が各国の中継銀行の役割を担うコルレス銀行口座の概念を排除して設計されているからとのことだ。

またレポートではプロジェクト・ネクサスは民間ステーブルコインと中央銀行デジタル通貨(CBDC)の中間レベルのプロダクトに値すると説明されている。

参考:国際決済銀行
デザイン:一本寿和
images:iStocks/mizoula・Pavel_R

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【9/22の話題】GMOトラストとINXが提携、Internet Computer(ICP)がビットコインに接続予定など(音声ニュース)

GMOトラストとINXが提携、ステーブルコイン「GYEN」と「ZUSD」上場へ、DFINITY財団「Internet Computer(ICP)」、ビットコインへの接続予定を発表、米フィギュア、米国規制に準拠した形でデジタル証券取引を完了、暗号資産取引所「FTX」、利用制限の対象国に日本を追加、オーケーコインジャパンがIOST保有者へのDONエアドロップに対応、国内取引所で対応分かれる、バイナンス、オーストラリアで先物やオプションなどの取引停止へ、米オスプレイ、ポリゴン(Polygon/MATIC)の投資信託発表、オランダ投資銀行ABNアムロ、パクソスの決済ソリューションに参加、米コインベースが暗号資産貸付サービス提供を中止、【取材】芥川賞作家 上田岳弘、Loot系NFT「Obsession2020」をグラコネと発行、「福岡県ブロックチェーンフォーラム」11月15日開催、「NFT」と「トレーサビリティ」のセッション予定