リップル(XRP)利用の国際送金サービス開始、SBIレミットとSBI VCトレードがフィリピン向けに

リップル(XRP)利用の国際送金サービス開始

SBIレミット株式会社が日本初となる暗号資産(仮想通貨)を用いた国際送金サービスを開始したことを7月28日発表した。このサービスは国内にて暗号資産交換業を運営するSBI VCトレード株式会社と米リップル社(Ripple Labs Inc.)との提携を通じてフィリピン向けに展開するとのこと。

またこの国際送金サービスは暗号資産XRPを利用したものとなっており、XRPを媒介通貨(ブリッジ通貨)として用いることで各金融機関が現地通貨を事前に調達することを不要とするサービス「ODL(On Demand Liquidity)」を活用したとのことだ。リップル社のブロックチェーン技術「XRP Ledger」を通じてXRPを受領し現地法定通貨であるフィリピンペソに変換、受取顧客がフィリピンペソを受領することが可能となるようだ。

今回の取り組みにおいて、SBIレミットは顧客の送金リクエストを送信し、SBI VCトレードはそのリクエストに対してリアルタイムにXRP送付を行うインフラを提供するとのこと。またフィリピン向けの送金先パートナーは、フィリピンで資金移動業及び暗号資産交換業を運営するベター社(Betur Inc.)のプロダクト、コインズ(Coins.ph)と提携したとのこと。

リリースによるとこの取り組みでSBI VCトレードが保有するXRPの流動性を活用することにより、SBIレミットにおいてプレファンディング等の送金コストが低減され、国際送金事業における競争力の強化につながると考えているとのことだ。

参考:SBI
デザイン:一本寿和
images:iStocks/RRice1981・Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【9/22の話題】GMOトラストとINXが提携、Internet Computer(ICP)がビットコインに接続予定など(音声ニュース)

GMOトラストとINXが提携、ステーブルコイン「GYEN」と「ZUSD」上場へ、DFINITY財団「Internet Computer(ICP)」、ビットコインへの接続予定を発表、米フィギュア、米国規制に準拠した形でデジタル証券取引を完了、暗号資産取引所「FTX」、利用制限の対象国に日本を追加、オーケーコインジャパンがIOST保有者へのDONエアドロップに対応、国内取引所で対応分かれる、バイナンス、オーストラリアで先物やオプションなどの取引停止へ、米オスプレイ、ポリゴン(Polygon/MATIC)の投資信託発表、オランダ投資銀行ABNアムロ、パクソスの決済ソリューションに参加、米コインベースが暗号資産貸付サービス提供を中止、【取材】芥川賞作家 上田岳弘、Loot系NFT「Obsession2020」をグラコネと発行、「福岡県ブロックチェーンフォーラム」11月15日開催、「NFT」と「トレーサビリティ」のセッション予定