米国連邦保安局、アンカレッジをカストディパートナーに任命

米国連邦保安局、アンカレッジをカストディパートナーに任命

デジタル資産カストディ企業アンカレッジ(Anchorage)が、米国司法省の法務執行を担う米国連邦保安局(USMS)よりカストディパートナーに任命されたことを7月28日に発表した。

アンカレッジは米国連邦保安局にカストディ、清算、会計処理、顧客管理、監査コンプライアンス、ウォレットの作成、暗号資産の没収プロセスに関連する将来的な予測を含む、一連の暗号資産サービスを提供する責任を負うことになる。

また米国連邦保安局の具体的な任務は、連邦犯罪の金銭的な誘因を取り除き、組織的な犯罪活動を解体することで、公共の安全と安心を高めることのようだ。

米国連邦保安局は主に連邦犯罪の収益、または連邦犯罪を促進するために使用されている資産の押収・没収することで目的を達成している。そしてアンカレッジは米国連邦保安局の資産没収部門と密接に関わることとなる。

アンカレッジはカストディーパートナーに任命されたことに関して、次のようにブログで説明している。

当社は設立当初から、デジタルアセット分野における消費者保護とコンプライアンスの推進を訴えてきました。私たちのチームを誇りに思うと同時に、米国司法省から信頼されるデジタルアセットプラットフォームに選ばれたことを信じられないほど誇りに思っています。

参考:アンカレッジ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/alphaspirit・grynold

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【9/22の話題】GMOトラストとINXが提携、Internet Computer(ICP)がビットコインに接続予定など(音声ニュース)

GMOトラストとINXが提携、ステーブルコイン「GYEN」と「ZUSD」上場へ、DFINITY財団「Internet Computer(ICP)」、ビットコインへの接続予定を発表、米フィギュア、米国規制に準拠した形でデジタル証券取引を完了、暗号資産取引所「FTX」、利用制限の対象国に日本を追加、オーケーコインジャパンがIOST保有者へのDONエアドロップに対応、国内取引所で対応分かれる、バイナンス、オーストラリアで先物やオプションなどの取引停止へ、米オスプレイ、ポリゴン(Polygon/MATIC)の投資信託発表、オランダ投資銀行ABNアムロ、パクソスの決済ソリューションに参加、米コインベースが暗号資産貸付サービス提供を中止、【取材】芥川賞作家 上田岳弘、Loot系NFT「Obsession2020」をグラコネと発行、「福岡県ブロックチェーンフォーラム」11月15日開催、「NFT」と「トレーサビリティ」のセッション予定