コカ・コーラ、NFTコレクション発表

コカ・コーラ、NFTコレクション発表

コカ・コーラが初のNFTコレクションを7月28日に発表した。このNFTコレクションはデジタルアートやアバターを扱うTafiと提携することで実現した。NFTコレクションの名称は「コカ・コーラ フレンドシップ ボックス」だ。またNFTはOpenSeaで7月30日に販売が開始され8月2日に終了するとのこと。

このコレクションでは次の4種類のNFTが発表されている。

1.自動販売機をデジタル化したもので、仮想世界「Decentraland」で着用できるカスタムメイドの「コカ・コーラ・バブルジャケット・ウェアラブル」

2.ボトルを開けるときのポップ音や氷にソーダを注ぐときの音など、さまざまな音声を取り込むことができる「サウンド・ビジュアライザー」

3.1940年代に発売された友情をモチーフにしたトレーディングカードにインスパイアされたデジタルデザインの「フレンドシップ・カード」

4.1956年に発売されたコカ・コーラ社製のレトロな自動販売機をメタバースに再構築した「ヴィンテージ・クーラー」

コカ・コーラ トレードマークのグローバル・シニア・ブランド・ディレクターのオアナ・ブラド(Oana Vlad)氏は次のようにコメントしている。

コカ・コーラブランドは、歴史の中でポップカルチャーにおいて積極的かつ本格的な役割を果たしてきました。私たちは、NFT、暗号資産、メタバースに注目しており、この新しい空間に参加し、そこから学ぶためのタイムリーな機会だと考えています。7月30日のインターナショナル・フレンドシップ・デーは、53年来の親しい友人であるスペシャルオリンピックスへの寄付を募りながら、コカ・コーラならではの方法で人々をバーチャルに結びつける絶好の機会です。

またこのプロジェクトはアイデア出しから戦略、開発、実行まで、2カ月足らずで実現できたとのことだ。

参考:コカ・コーラ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/banjongseal324

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【9/22の話題】GMOトラストとINXが提携、Internet Computer(ICP)がビットコインに接続予定など(音声ニュース)

GMOトラストとINXが提携、ステーブルコイン「GYEN」と「ZUSD」上場へ、DFINITY財団「Internet Computer(ICP)」、ビットコインへの接続予定を発表、米フィギュア、米国規制に準拠した形でデジタル証券取引を完了、暗号資産取引所「FTX」、利用制限の対象国に日本を追加、オーケーコインジャパンがIOST保有者へのDONエアドロップに対応、国内取引所で対応分かれる、バイナンス、オーストラリアで先物やオプションなどの取引停止へ、米オスプレイ、ポリゴン(Polygon/MATIC)の投資信託発表、オランダ投資銀行ABNアムロ、パクソスの決済ソリューションに参加、米コインベースが暗号資産貸付サービス提供を中止、【取材】芥川賞作家 上田岳弘、Loot系NFT「Obsession2020」をグラコネと発行、「福岡県ブロックチェーンフォーラム」11月15日開催、「NFT」と「トレーサビリティ」のセッション予定