JPYCにJVCEA前会長の三根公博氏ら参画

JPYCにJVCEA前会長の三根公博氏ら参画

前払式支払手段扱いの日本円連動ステーブルコイン「JPYC」を取り扱うJPYC株式会社が、8月1日より監査等委員会設置会社への移行決定を7月29日発表した。

また移行後の役員人事として株式会社bitFlyer Holdingsの前代表取締役であり、一般社団法人日本暗号資産取引業協会(JVCEA)の前会長の三根公博(みねきみひろ)氏、元金融庁企画市場局市場課専門官で現弁護士の増田雅史(ますだまさふみ)氏、旧一般社団法人日本仮想通貨交換業協会(現JVCEA)の立ち上げに関与し、フレセッツ株式会社の前代表取締役であり現公認会計士の柚木庸輔(ゆのきようすけ)氏3名の社外取締役内定も発表されている。

JPYC社は監査等委員会設置会社へ移行の理由を「監査等委員である社外取締役が取締役会における議決権を持つこと等により取締役会の監督機能を一層強化することで、ステーブルコイン発行体に求められるコーポレート・ガバナンスの一層の充実を図るため」と説明している。

なお監査等委員会設置会社とは、監査役会に代わって過半数の社外取締役を含む取締役3名以上で構成される監査等委員会を置き、監査等委員が取締役の職務執行の組織的監査を担う形態である。監査等委員会設置会社の監査等委員の任期は2年で、監査等委員以外の取締役の任期は1年となっている。

参考:PRタイムス
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【9/22の話題】GMOトラストとINXが提携、Internet Computer(ICP)がビットコインに接続予定など(音声ニュース)

GMOトラストとINXが提携、ステーブルコイン「GYEN」と「ZUSD」上場へ、DFINITY財団「Internet Computer(ICP)」、ビットコインへの接続予定を発表、米フィギュア、米国規制に準拠した形でデジタル証券取引を完了、暗号資産取引所「FTX」、利用制限の対象国に日本を追加、オーケーコインジャパンがIOST保有者へのDONエアドロップに対応、国内取引所で対応分かれる、バイナンス、オーストラリアで先物やオプションなどの取引停止へ、米オスプレイ、ポリゴン(Polygon/MATIC)の投資信託発表、オランダ投資銀行ABNアムロ、パクソスの決済ソリューションに参加、米コインベースが暗号資産貸付サービス提供を中止、【取材】芥川賞作家 上田岳弘、Loot系NFT「Obsession2020」をグラコネと発行、「福岡県ブロックチェーンフォーラム」11月15日開催、「NFT」と「トレーサビリティ」のセッション予定