コインチェック、日本初のIEO銘柄「パレットトークン(PLT)」取扱い開始。一時10倍以上の価格高騰

コインチェック、日本初のIEO銘柄「パレットトークン(PLT)」取扱い開始

コインチェック株式会社が同社の暗号資産取引所Coincheckで、パレットトークン(Palette Token/PLT)の取扱い開始したことを発表した。

パレットトークンは、「Coincheck IEO」にて国内としては初めてIEO(Initial Exchange Offering)が実施されたトークンだ。

IEO(Initial Exchange Offering)とはトークンによる資金調達を暗号資産取引所が支援し、具体的には主体となって発行体のトークンを販売するモデルのこと。海外の取引所では多くのIEO事例があるが、日本国内のIEOの事例は今回が初となる。

なおパレットトークンは7月1日から15日まで「Coincheck IEO」で抽選販売への申し込みが実施されていた。

その後7月20日に順次抽選およびトークン受渡しが行われ、7月27日12:00に取引所での取り扱いが予定されていたが、コインチェック社のシステム不具合が発生したことが報告された。

コインチェックの発表によると、一部のユーザーに対しトークン配布の遅延や、トークン配布されず日本円が返金されてしまう事象、ユーザーの申込費用の一部(1ユーザー54円)がロックされてしまう事象などが21日に報告された。

それによって27日の予定だった取り扱いが延期され、本日7月29日12時に正式に取り扱いが開始した流れになる。

一時10倍以上の価格高騰

事前の抽選販売では「4.05円/PLT」で販売されていたパレットトークンだが、上場後価格が高騰、一時は約46円/PLTの価格をつけた。本記事執筆7月29日14時30分現在は20円前後の価格を推移している。

コインチェック取引所サイトより

なお過去の他のIEOの事例を振り返っても、IEO銘柄の一般取引開始直後の価格は不安定であり、急落するリスクもあるため、投資家の方は十分な注意が必要だ。

パレットトークンとは

「Coincheck IEO」を利用してPalette Token(PLT)を発行したのは株式会社Hashpalette(ハッシュパレット)だ。

Hashpaletteはマンガやアニメ、スポーツ、音楽のための次世代NFTプラットフォーム「Palette(パレット)」を開発している企業。パレットはコンソーシアム型ブロックチェーンプラットフォームであり、NFT(ノンファンジブルトークン)を利用したコンテンツ流通に最適化されたブロックチェーンネットワークとのこと。現在テストネットが稼働中で、パレットコンソーシアムにはコインチェック株式会社も参加している。

デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio・BadBrother

この記事の著者・インタビューイ

設楽悠介

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎のブロックチェーン専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で新規事業やコンテンツマーケティングを担当。幻冬舎コミックス、エクソダス等の取締役も兼務。個人活動としてAmazon Musicで「みんなのメンタールーム」やVoicyで「風呂敷畳み人ラジオ」、PodcastとYouTubeで「#欲望のSNS」などのコンテンツを配信。Forbes JapanでWeb3に関するコラム「ポストDXの世界」連載中。著書に『「畳み人」という選択 』(プレジデント社)。

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎のブロックチェーン専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で新規事業やコンテンツマーケティングを担当。幻冬舎コミックス、エクソダス等の取締役も兼務。個人活動としてAmazon Musicで「みんなのメンタールーム」やVoicyで「風呂敷畳み人ラジオ」、PodcastとYouTubeで「#欲望のSNS」などのコンテンツを配信。Forbes JapanでWeb3に関するコラム「ポストDXの世界」連載中。著書に『「畳み人」という選択 』(プレジデント社)。

合わせて読みたい記事

【9/22の話題】GMOトラストとINXが提携、Internet Computer(ICP)がビットコインに接続予定など(音声ニュース)

GMOトラストとINXが提携、ステーブルコイン「GYEN」と「ZUSD」上場へ、DFINITY財団「Internet Computer(ICP)」、ビットコインへの接続予定を発表、米フィギュア、米国規制に準拠した形でデジタル証券取引を完了、暗号資産取引所「FTX」、利用制限の対象国に日本を追加、オーケーコインジャパンがIOST保有者へのDONエアドロップに対応、国内取引所で対応分かれる、バイナンス、オーストラリアで先物やオプションなどの取引停止へ、米オスプレイ、ポリゴン(Polygon/MATIC)の投資信託発表、オランダ投資銀行ABNアムロ、パクソスの決済ソリューションに参加、米コインベースが暗号資産貸付サービス提供を中止、【取材】芥川賞作家 上田岳弘、Loot系NFT「Obsession2020」をグラコネと発行、「福岡県ブロックチェーンフォーラム」11月15日開催、「NFT」と「トレーサビリティ」のセッション予定