ASローマ、ユニフォームにブロックチェーンプロジェクト「DigitalBits」

ASローマ、ユニフォームにブロックチェーンプロジェクト「DigitalBits」

セリエA所属のプロサッカークラブであるASローマが、米ブロックチェーン企業のジタラ(Zytara Labs)と3年間の独占的プロダクトパートナーシップ契約を締結したことを7月27日発表した。

このパートナーシップはデジタルビッツ財団(DigitalBits Foundation)の支援のもと3,600万ユーロ(約46.8億円)がASローマへ支払われる。契約期間中は「DigitalBits」の文字がユニフォーム前面胸部へ掲出されるとのこと。

今回の提携によりASローマとジタラはDigitalBitsのブロックチェーンを活用し、NFTによる選手のデジタルカードやメタバース内でのクラブとファンの交流などを検討しているようだ。

またこの提携を記念して「DigitalBits」ロゴを載せた11枚の記念ユニフォームや記念ゴールドリング25個が7月29日より販売されるとのこと。なおDigitalBitsのトークンXDBも商品購入の際の決済手段として導入されるとのこと。販売収益については全て慈善団体へ寄付されることも決定している。

なおASローマは既にNFTを利用したファンタジーフットボールゲームを提供するソーレア(Sorare)やファンエンゲージメントプラットフォーム「Socios.com(ソシオスドットコム)」との提携も行っている。

参考:ASローマジタラ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Lidiia-Moor・marcoiacobucci

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【12/9話題】米スタバがNFTプログラムβ版ローンチ、イーサ「シャンハイ」来年3月になど(音声ニュース)

スターバックスがNFTプログラムβ版ローンチ、米国内で、イーサリアム、次期大型アップグレード「シャンハイ」は来年3月目標に、ペイパルの暗号資産取引サービス、ルクセンブルグに展開へ、オープンシー、ロイヤリティ強制ツールについて新たな方針発表、web3クリエイタースタジオ「Shibuya」、a16zやパリスヒルトン、伊藤穰一らから資金調達、米コインベース、USDTからUSDCへの変換手数料を無料に、監査企業Mazars、バイナンスのビットコイン準備金が問題ないと証明、DEAとYGG SEAが提携、東南アジア市場の拡大へ、バイナンスUS、イーサリアム(ETH)の取引手数料を撤廃へ、RTFKTとNikeがweb3スニーカー「クリプトキックス iRL」販売へ、動いて稼ぐ機能も搭載予定

Sponsored