ダラス交響楽団、オーケストラのNFT販売

ダラス交響楽団、オーケストラのNFT販売

米オーケストラのダラス交響楽団(Dallas Symphony Orchestra)がNFTの販売を7月29日開始した。販売されるNFTマーケットプレイスはラリブル(Rarible)だ。

ダラス交響楽団は2022年9月よりNHK交響楽団の首席指揮者に就任するファビオ・ルイージ(Fabio Luisi)氏が音楽監督を務めるオーケストラだ(ルイージ氏の音楽監督の任期は2029年までの予定)。

今回販売されるNFTは同楽団の本拠地であるモートン・マイヤーソン・シンフォニー・センターでルイージ氏が指揮した演奏を映像化したもので、新型コロナウィルス感染症の影響により2020年3月より営業を停止して以来の2021年5月に演奏した際のものであるとのことだ。

出品されているNFTは全部で3種類あり、それぞれによって実物のコンサートチケットやルイージ氏のインタビュー動画などが特典となっている。

1個限定で販売されているVIP版のNFTについては2022年初頭にニューヨークで開催される「DSO and Musicians of the Metropolitan Opera Reunion Concert」でのVIP体験として、米国内の他都市への往復航空券、2泊分のホテル、アーティストとのディナー、コンサートチケット2枚を含む特典も用意されている。VIPについては初回入札価格50,000ドル(約549万円)でのオークション形式の販売となる。

参考:ラリブル
デザイン:一本寿和
images:iStocks/artisteer

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【9/22の話題】GMOトラストとINXが提携、Internet Computer(ICP)がビットコインに接続予定など(音声ニュース)

GMOトラストとINXが提携、ステーブルコイン「GYEN」と「ZUSD」上場へ、DFINITY財団「Internet Computer(ICP)」、ビットコインへの接続予定を発表、米フィギュア、米国規制に準拠した形でデジタル証券取引を完了、暗号資産取引所「FTX」、利用制限の対象国に日本を追加、オーケーコインジャパンがIOST保有者へのDONエアドロップに対応、国内取引所で対応分かれる、バイナンス、オーストラリアで先物やオプションなどの取引停止へ、米オスプレイ、ポリゴン(Polygon/MATIC)の投資信託発表、オランダ投資銀行ABNアムロ、パクソスの決済ソリューションに参加、米コインベースが暗号資産貸付サービス提供を中止、【取材】芥川賞作家 上田岳弘、Loot系NFT「Obsession2020」をグラコネと発行、「福岡県ブロックチェーンフォーラム」11月15日開催、「NFT」と「トレーサビリティ」のセッション予定