ニュース

ニュースカテゴリに紐づく記事の一覧です

イーロンがテスラのビットコイン売却否定、グリーンリッジがカーボンオフセットへなどのニュース解説ラジオ

テスラはビットコインを売却していない、イーロン・マスクがツイート、米マイニング企業グリーンリッジ、CO2排出量削減を目的にカーボンオフセットを6月1日より実行、「NBA Top Shot」NFTは1933年証券法違反か、ダッパーラボが訴訟受ける、シンガポールDBS、アジア初の暗号資産信託サービス開始、米ノースダコタ州ウィリストン市、光熱費支払いに暗号資産導入、モデルのエミリー・ラタコウスキーのNFT作品、約1,900万円で落札、アイドルユニット「神宿」が「FiNANCiE」にて、100枚限定のNFTと追加トークン販売

米ノースダコタ州ウィリストン市、光熱費支払いに暗号資産導入

米国ノースダコタ州ウィリストン市が、光熱費(電気・ガス・水道)などの公共サービスの支払いに暗号通貨(仮想通貨)決済の導入をすることを5月13日発表した。 なお公共サービスの支払いに暗号通貨を受け入れる自治体は全米で3番目となった。また発表によると、リストン市は最大の暗号資産決済プロバイダーであるBitPay(ビットペイ)と連携するとのことだ

アイドルユニット「神宿」が「FiNANCiE」にて、100枚限定のNFTと追加トークン販売

株式会社フィナンシェが、同社提供のブロックチェーン技術を利用した次世代クラウドファンディングサービス「FiNANCiE(フィナンシェ)」において、アイドルユニット「神宿(かみやど)」の数量限定NFTとトークンの追加販売を開始することを5月17日発表した

「NBA Top Shot」NFTは1933年証券法違反か、ダッパーラボが訴訟受ける

ローゼン法律事務所の弁護士グループがダッパーラボ(Dapper Labs)のNBA Top Shotのモーメンツ(NFT)を購入したバージニア州在住のジーン・フリエル(Jeeun Friel)氏の代理として、5月12日にニューヨークの裁判裁判所に訴状を提出したことが5月14日にスポーツメディアSporticoの報道によって明らかになった。

米マイニング企業グリーニッジ、CO2排出量削減を目的にカーボンオフセットを6月1日より実行

ビットコインマイニングと発電所事業を行うグリーンリッジ・ジェネレーション(Greenidge Generation Holdings)が6月1日から温室効果ガス排出量削減のために、カーボンオフセットの購入を開始してカーボンニュートラル(炭素中立)になることを発表した。カーボンニュートラルな事業は、グリーンリッジのニューヨーク州北部にある施設で開始される。

USDTの準備金内訳が明らかに、アニモカ・ブランズが約97億円の資金調達などのニュース解説ラジオ

ステーブルコインUSDT発行元のテザー、準備金の内訳を明らかに、NFTゲーム開発でユニコーン企業に、アニモカ・ブランズが約97億円の資金調達、米司法省と内国歳入庁、暗号資産取引所バイナンスを調査と報道、著名投資家スティーブ・コーエンのファンド「Point72」、暗号資産に巨額の投資か、マイクロストラテジー、16.4億円相当のビットコインを追加購入、チリーズのSocios. com、サッカーアルゼンチン代表、米モータースポーツチーム、インドクリケット3チームとの提携を立て続けに発表、インド中銀、非公式に暗号資産関連会社との関係を断つよう金融機関へ指示か、サムスンのGalaxyスマホ、他社暗号資産ハードウェアウォレットもサポート、マイクロソフト、「AzureBlockchainService」の提供終了を発表、【取材】フラクトン、インドでのNEARプロトコルのアクセラレーションプログラムにパートナー企業として参加(Fracton Ventures 亀井聡彦)、ファンズが「ファンズ・マーケティング・スキーム」初号案件公開、NFTマーケットプレイス「ユニマ」を支援

マイクロソフト、「AzureBlockchainService」の提供終了を発表

Microsoft(マイクロソフト)が「Azure BlockchainService」の提供終了を5月10日発表した。 「Azure BlockchainService」はフルマネージドのブロックチェーンサービスとして提供されており、シンプルなネットワーク展開と運用、コンソーシアム管理機能、使い慣れた開発ツールにてスマートコントラクトが開発できるサービスだ

ディーカレット、イーサリアム・マイニング運用サービスの条件変更を発表

暗号資産(仮想通貨)取引所事業やマインング事業を展開する株式会社ディーカレットが、5月13日夜、『「ETHマイニング グラフィックスカード販売・運用サービス」条件の変更について』を公式サイトにて公開した。 同社が10日に同サービスを告知したところ、主にTwitter上でこの発表に対する批判が相次ぎ、それを受けて同社は5月11日に「お詫び文」公開、その中でサービスの諸条件についての見直しも行い、その詳細は2021年5月13日までに発表するとされていた。

【取材】フラクトン、インドでのNEARプロトコルのアクセラレーションプログラムにパートナー企業として参加(Fracton Ventures 亀井聡彦)

フラクトン・ベンチャーズ(Fracton Ventures)株式会社が、分散型アプリケーションの開発促進を目的としたオープンソースプラットフォーム「NEAR Protocol」がインドで行う「NEAR India Accelerator」においてGo to Marketパートナーとして、参画したことを発表

サムスンのGalaxyスマホ、他社暗号資産ハードウェアウォレットもサポート

韓国サムスン(Samsung)がスマートフォン「Samsung Galaxy smartphones」にて、ユーザーがサードパーティのウォレットから暗号資産を管理・取引できるようになったことを発表した。サムスンが対応したウォレットは「Ledger Nano S」や「Ledger Nano X」などのハードウェアウォレット。対応通貨はビットコイン、イーサリアムや他のERCトークン、トロンや他のTRCトークン、ステラ、クレイトンなどである。

モバイルファクトリー、NFTマーケットプレイス「ユニマ」のPRとして「Funds」で広告事業ファンド公開。投資家に「駅メモ! Our Rails」の初回NFTオークション参加権

株式会社モバイルファクトリーと株式会社ビットファクトリーが、ファンズ株式会社が運営する貸付ファンドのオンラインマーケット「Funds(ファンズ)」上で、NFTマーケットプレイス「ユニマ」の認知向上および事業拡大を目的とした新しいプロモーション開始を発表した。 具体的には「Funds」にて『NFTマーケットプレイス「ユニマ」広告事業ファンド#1』というファンドを公開。

ディエムが米ドルステーブルコイン発行へ方針転換、テスラがビットコイン決済受付停止などのニュース解説ラジオ

フェイスブックらのディエム(Diem 旧Libra)協会、米ドルステーブルコイン「Diem USD」発行へ方針転換、テスラがビットコイン決済受付を停止、環境問題への懸念から、bitFlyerとBraveが連携、ブラウザ内で使用できる暗号資産ウォレットの提供を開始、バイナンス、日本円ステーブルコイン「GYEN」の取引を停止 一時再開するも再度停止に、米ビッグタイムスタジオ、NFT活用アクションRPGゲーム制作のため約11億円調達(CEO Ari Meilich 取材)、SWIFTとアクセンチュア、中銀デジタル通貨での国際決済に関する共同論文発表、クリプトパンクのNFTアート、クリスティーズにて約18.5億円で落札、マネーグラムのATMでビットコインの購入が可能に、コインミーと提携、Crypto. com、Internet Computer(ICP)とCasper(CSPR)を上場、ボルボのEV「ポールスター」がサーキュラーと提携、バッテリーに使用の鉱物とCO2を追跡、スマートアプリ、エンバウンド、日本暗号資産市場、マネーパートナーズソリューションズが提携 「温泉むすめ」 NFTを活用した温泉地の地方創生で連携へ

クリプトパンクのNFTアート、クリスティーズにて約18.5億円で落札

CryptoPunks(クリプトパンク)のNFTアートが大手オークションハウスのクリスティーズ(Christies)が5月11日に開催した競売にて16,962,500ドル(約18.5億円)にて落札された。落札されたクリプトパンクはクリスティーズが9体を1セットにて出品した作品だ。なお購入者については明らかになっていない