国内ウォレットシステム開発のa42x、イーサリアム財団運営の助成プログラムに採択

マイナンバーカードをデジタルウォレットと連携

「マイナウォレット」を開発中の国内企業a42x(エーヨンジュウニエックス)が、イーサリアム財団(Ethereum Foundation)が運営する助成プログラム「ERC-4337 Account Abstraction Grant Round」に採択を受けたことを9月8日発表した。

a42xは、デジタル認証基盤を活用したウォレットシステムおよび周辺システムを開発する企業だ。ブロックチェーン開発者コンペティションの「イーサグローバルトウキョウ2023(ETHGlobal Tokyo 2023)」にてファイナリストに選出された実績を持つ。

「マイナウォレット」は、マイナンバーカードをデジタルウォレットとして活用できるサービスだ。同サービスでは、マイナンバーカードをタッチするだけでデジタルウォレットを生成。マイナンバーカードに含まれる情報から唯一無二のウォレットアドレスを導出する仕組みをもつという。

また、マイナンバーカードをタッチするだけで暗号資産(仮想通貨)やNFT等のデジタル資産の送受信を行うことが可能とのこと。利用者は、保有するデジタル資産を確認する際にアプリをインストールすればよいため、デジタル資産を受け取るためにアプリの事前インストールや、ウォレットの設定を行うといったことは一切不要だという。

この他にも「マイナウォレット」では、デジタル資産の所有確認および認証認可が行えるとのことだ。

さらに発表によると現在a42xは「マイナウォレット」において、次の3つの開発を進めているという。

1つ目は 「eKYC(デジタル本人確認)機能」だ。公的個人認証サービス(JPKI)と連携することで、最高位の本人確認をウォレットレベルで実現させることを目指すとのこと。

次に、ERC-4337(アカウント抽象化)に準拠したスマートコントラクトとして、「リカバリー機能」、「セッションキー」、「利用限度額の設定」等、様々なウォレット機能の開発を進めているとのことだ。

3つ目は「ゼロ知識証明(zero-knowledge proof:zkp)を活用したマイナウォレットのプライバシー保護機能」だ。第三者に公開する情報を最小限にしながら、eKYCや年齢確認等を行う機能の実現を目指しているという。

なお「アカウント抽象化(AA:Account Abstraction)」は、イーサリアムブロックチェーン上での支払いにプログラム決済機能を付加する仕組み。「アカウント抽象化」を利用するとユーザーは、ガス代を任意のトークンで支払うことや、簡単に複数の端末でアドレスを共有できるなど多くの利点がある。

またゼロ知識証明とは、ある主張が正しいという事実を主張内容を明かすことなく、第三者に証明することができる暗号学のプロトコルだ。

なおa42xはその他にも、「マイナウォレット」の事業者向けソフトウエア開発キット(SDK)およびAPIの提供を予定しているという。

イーサリアム財団(Ethereum Foundation)は1月、同財団が実施する「Ethereum Foundation’s Ecosystem Support Program」を通じて、ブロックチェーン戦略政策研究所にグラント(助成金)を送っていた。

関連ニュース

参考:イーサリアム財団a42X
デザイン:一本寿和
images:iStocks/undefined-undefined

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【5/23話題】コロプラ子会社がゲーム内のデジタル宝石に投資するファンド、「FIT21法案」が米下院で可決など

コロプラのBrilliantcrypto、ゲーム内のデジタル宝石に投資する100万ドル規模のファンド組成、SECとCFTCのデジタル資産規制管轄権を明確化する「FIT21法案」が米下院で可決、ウィズダムツリーと21シェアーズ、暗号資産ETPをロンドン証券取引所に上場へ、香港規制当局、ワールドコイン(WLD)に業務停止を指示 プライバシー保護を理由に、ユニスワップがSECの「ウェルズ通知」に対する回答発表、裁判で争う姿勢も、オアシス(OAS)が韓国暗号資産取引所アップビットに上場、国内初、Zaifにスケブコイン(SKEB)上場、CryptoPunksがアーティストとのコラボプログラム開始、芸術家ニーナシャネルアブニーがNFT展開へ

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資