Cryptoeconomics LabがEthereum Foundationより2度目の助成金獲得(CTO部谷氏のコメントあり)

Cryptoeconomics LabがEthereum Foundationより2度目の助成金獲得(CTO部谷氏のコメントあり)

株式会社Cryptoeconomics Labは、Ethereum Foundationが運営する助成プログラム「Ecosystem Support Program 」に2度目の採択を受けたことを発表した。

Ethereum Foundationからの2度目の支援によって、Ethereumブロックチェーン上にDapps構築を検討しているエンジニア・企業に対して「開発エクスペリエンス向上」「取引の高速化」、そして「堅牢なセキュリティ」を提供するための開発を加速していくとのことだ。

これまでCryptoeconomics Labは、2017年8月のPlasmaのホワイトペーパー発表から2年半、大きく分けて2つの領域の課題に取り組んできた ・実際に、Ethereum Communityの共通課題であるネットワーク内のトランザクション処理速度の遅さの解決とDapps開発の難易度の高さをOptimistic Virtual Machine等を用いて、その解決に取り組んでいる。

あたらしい経済編集部は、Cryptoeconomics Lab CTO部谷修平氏に、2つの質問を投げかけた。それは、「他のLayer2ソリューションと比べ、Plasma Chamberは、何が優れているのでしょうか」と「Plasma Chamberなど、Dappsが開発しやすくなるフレームワークがメインネットでローンチされることで、事業者の直近の課題として、何が解決されるのでしょうか」だ。

質問に対して、部谷氏は「我々はまずPlasmaにフォーカスしていますが、その一番大きな優位点は、トランザクションあたりの手数料が非常に安い点です。Rollup系がLayer1に対して定数倍のスケーリングなのに対して、Plasmaでは、Layer1に複数のPlasmaを動かすことで、n倍のスケーリングを実現できます。そして、2つの目の質問に対してですが、現状のブロックチェーンのトランザクションコストはアプリケーションを開発する上で、現実的なコストではないと思います。Plasma Chamberによって、より安い運用コストでブロックチェーンアプリを運用できるようになります。また、例えば事業者が手数料を負担することで、エンドユーザがトランザクションの手数料を払わなくて良いアプリケーションを、より簡単に実現することもできます」とコメントしてくれた。

編集部のコメント

Layer2領域は、Layer1に基づいた送金トランザクション処理速度を高める例が、出てきています。例えば、3月1日にFuelがOptimistec Rollupサイドチェーンを構築して、ERC20やETHのトランザクションが、ETH1.0 L1で21,000~50,000 gas かかるの対して Fuel だと 2,400~3,500 gasで処理できるようになりました。ただ現状のところ、送金の領域だけです。

あたらしい経済編集部は、ブロックチェーンのマスアダプションに必要なTo C向けのアプリケーションなどに利用されるLayer 2ソリューションをCryptoeconomics Labの開発するPlasma Chamberは実装しているのだと、考えています。そして、あたらしい経済編集部は、Layer2ソリューションが2つに分かれると考えていて、トランザクション数がそこまで多くないTo B向けのものとトランザクション数が多いTo C向けのものです。To Bで言うと、機関投資家向けの金融サービスなど。そして、To Cで言うとメッセージングアプリやゲームなどと、考えることができます。

 

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:antoniokhr)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

「スクエアがTIDALの株式取得、BitGoがNY信託ライセンス取得など」ブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米スクエアが音楽ストリーミング「TIDAL」の過半数株式を約300億円で取得、BitGoがニューヨーク州の信託ライセンス取得、ペイパルCEOが暗号資産専門チームについて説明、Decrypt取材、フォルクスワーゲンとエナジー・ウェブが提携、EVの電力市場への統合を目指す、【取材】FiNANCiEがBリーグ「仙台89ERS」のクラブトークンを発行、CryptoGamesが「NFT Studio」を3月リリースへ

フォルクスワーゲンとエナジー・ウェブが提携、EVの電力市場への統合を目指す

電力システムに関するブロックチェーンアライアンスであるエナジー・ウェブ(Energy Web)が、フォルクスワーゲンの研究開発部門であるフォルクスワーゲン・グループ・イノベーションと共同で電気市場へのブロックチェーンの活用可能性を調査することを3月4日に発表した

【取材】FiNANCiEがBリーグ「仙台89ERS」のクラブトークンを発行

株式会社フィナンシェが、同社提供のブロックチェーン技術を利用した次世代クラウドファンディングサービス「FiNANCiE(フィナンシェ)」において、プロバスケットボールチーム「仙台89ERS(エイティナイナーズ)」のプロバスケットボールクラブトークンの発行を3月5日発表した。なおプロバスケットボール(Bリーグ)におけるクラブトークンの発行は今回が国内初の事例となる

「日立製作所が電子署名サービス開発、Kings Of LeonがニューアルバムをNFTでリリースなど」のブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ハンコレスを推進へ、日立製作所がブロックチェーン基盤「日立電子署名サービス」を開発、ブレイブがテイルキャットを買収、独自検索エンジン「Brave Search」の開発を目指す、米ロックバンド「Kings Of Leon」がニューアルバムをNFTでリリース、NFT利用のサッカーゲーム提供のソーレアがUbisoftと提携して新ゲーム発表、リップル社が中銀デジタル通貨向け「CBDC Private Ledger」のパイロット版ローンチ、米NY州が新型コロナウィルスの陰性とワクチン接種を証明するブロックチェーンアプリ試験運用実施、KPMGとIntellectEUが保険の重複支払い防止のブロックチェーンプラットフォーム「ClaimShare」ローンチ、GMOコインが暗号資産(仮想通貨)エンジンコイン(ENJ)を取り扱い開始、Hyperledger Fabric環境の管理方法について学習する日本語のオンラインコースが開始