Cryptoeconomics LabがEthereum Foundationより2度目の助成金獲得(CTO部谷氏のコメントあり)

Cryptoeconomics LabがEthereum Foundationより2度目の助成金獲得(CTO部谷氏のコメントあり)

株式会社Cryptoeconomics Labは、Ethereum Foundationが運営する助成プログラム「Ecosystem Support Program 」に2度目の採択を受けたことを発表した。

Ethereum Foundationからの2度目の支援によって、Ethereumブロックチェーン上にDapps構築を検討しているエンジニア・企業に対して「開発エクスペリエンス向上」「取引の高速化」、そして「堅牢なセキュリティ」を提供するための開発を加速していくとのことだ。

これまでCryptoeconomics Labは、2017年8月のPlasmaのホワイトペーパー発表から2年半、大きく分けて2つの領域の課題に取り組んできた ・実際に、Ethereum Communityの共通課題であるネットワーク内のトランザクション処理速度の遅さの解決とDapps開発の難易度の高さをOptimistic Virtual Machine等を用いて、その解決に取り組んでいる。

あたらしい経済編集部は、Cryptoeconomics Lab CTO部谷修平氏に、2つの質問を投げかけた。それは、「他のLayer2ソリューションと比べ、Plasma Chamberは、何が優れているのでしょうか」と「Plasma Chamberなど、Dappsが開発しやすくなるフレームワークがメインネットでローンチされることで、事業者の直近の課題として、何が解決されるのでしょうか」だ。

質問に対して、部谷氏は「我々はまずPlasmaにフォーカスしていますが、その一番大きな優位点は、トランザクションあたりの手数料が非常に安い点です。Rollup系がLayer1に対して定数倍のスケーリングなのに対して、Plasmaでは、Layer1に複数のPlasmaを動かすことで、n倍のスケーリングを実現できます。そして、2つの目の質問に対してですが、現状のブロックチェーンのトランザクションコストはアプリケーションを開発する上で、現実的なコストではないと思います。Plasma Chamberによって、より安い運用コストでブロックチェーンアプリを運用できるようになります。また、例えば事業者が手数料を負担することで、エンドユーザがトランザクションの手数料を払わなくて良いアプリケーションを、より簡単に実現することもできます」とコメントしてくれた。

編集部のコメント

Layer2領域は、Layer1に基づいた送金トランザクション処理速度を高める例が、出てきています。例えば、3月1日にFuelがOptimistec Rollupサイドチェーンを構築して、ERC20やETHのトランザクションが、ETH1.0 L1で21,000~50,000 gas かかるの対して Fuel だと 2,400~3,500 gasで処理できるようになりました。ただ現状のところ、送金の領域だけです。

あたらしい経済編集部は、ブロックチェーンのマスアダプションに必要なTo C向けのアプリケーションなどに利用されるLayer 2ソリューションをCryptoeconomics Labの開発するPlasma Chamberは実装しているのだと、考えています。そして、あたらしい経済編集部は、Layer2ソリューションが2つに分かれると考えていて、トランザクション数がそこまで多くないTo B向けのものとトランザクション数が多いTo C向けのものです。To Bで言うと、機関投資家向けの金融サービスなど。そして、To Cで言うとメッセージングアプリやゲームなどと、考えることができます。

 

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:antoniokhr)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

フェイスブックらのリブラ協会が運営会社のCEOを発表、日本損害保険協会とNECがブロックチェーン技術の共同検証開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

フェイスブックらのリブラ協会が運営会社リブラネットワークスのCEOを発表、一般社団法人日本損害保険協会とNECが共同保険の事務効率化を目的にブロックチェーン技術の共同検証開始、米ユタ州がブロックチェーンベースの医療データ共有システム構築のためHHSテクノロジーグループと提携、LINEが海外展開する暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフロント(BITFRONT)が暗号資産の預入で利息が獲得できるサービスを開始

米ユタ州がブロックチェーンベースの医療データ共有システム構築のためHHSテクノロジーグループと提携

BtoBソリューションを提供するソフトウェア企業HHSテクノロジーグループ(HHS Technology Group:HTG)が米国ユタ州と提携しブロックチェーンを活用した、災害時などに患者の診療情報を医療提供者間で共有するためのシステムを構築することを9月14日に発表した。

LINEが海外展開する暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフロント(BITFRONT)が暗号資産の預入で利息が獲得できるサービスを開始

LINE株式会社が、暗号資産(仮想通貨)レンディングプラットフォームを運営するセルシウス・ネットワーク(Celsius Network)と提携し、LINEが運営するグローバル向け暗号資産(仮想通貨)取引所「ビットフロント(BITFRONT)」において、ユーザーが暗号資産の預入で利息が獲得できる「Earn Interest」サービスを提供開始したことを9月17日発表した。

(アンダーソン・毛利・友常法律事務所の長瀨威志弁護士のコメント追記)米国初!ワイオミング州でデジタル銀行「クラーケン・フィナンシャル」が誕生

アメリカの暗号資産(仮想通貨)を運営するクラーケン(Kraken)がアメリカのワイオミング州より「クラーケン・フィナンシャル(Kraken Financial)」の設立申請を認可されたことを発表した。

ワイオミング州でデジタル銀行クラーケン・フィナンシャル誕生、ユニスワップがプロトコルトークンUNI発表、バハマで10月CBDC発行へなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米国初!ワイオミング州でデジタル銀行「クラーケン・フィナンシャル」が誕生、分散型金融プラットフォームのユニスワップがプロトコルトークン「UNI」を発表、ワーナーメディア子会社ターナースポーツがブロックチェーンゲームプラットフォーム「Blocklete Games」をローンチ、バハマ中央銀行がデジタル通貨を10月発行へ、ビットフライヤーが2020年8月の取引実績を発表

(Kyber Network Japan managerの堀次泰介氏、マネーパートナーズグループ社長室の鈴木雄大氏コメントあり)分散型金融プラットフォームのユニスワップがガバナンストークン「UNI」を発表

分散型金融(DeFi)プラットフォームを提供するユニスワップ(Uniswap)がプロトコルトークン「UNI」を発行し、流動性マイニングを行うことを9月16日に発表した。流動性マイニングは日本時間の2020年9月18日午前9時に開始される予定。分散型金融の観点で言及されている流動性マイニングとは、ユーザーが分散型プラットフォームにトークンを供給することで、プラットフォーム側からプロトコルトークンを配布される仕組みのことである。