バイナンスが韓国ウォンとペッグするステーブルコインを発行

バイナンスが韓国ウォンとペッグするステーブルコインを発行

仮想通貨取引所Binanceが、韓国BxB Inc.と提携して韓国の法定通貨である韓国ウォン(KRW)のステーブルコインBinance KRW(BKRW)を発行したことを3月5日プレスリリースにて発表した。

Binance KRW(BKRW)は、バイナンスの独自ブロックチェーンのBEP-2規格トークンとして発行された。

また同ステーブルコインは、1BKRW=1KRWのレートで韓国ウォンとペッグする形で取引が可能となる。

なおBKRWの取引ペア上場については決定次第に改めて発表するとのことだ。

編集部のコメント

Binanceは独自のBinance ChainにおいてBTCとペッグする仮想通貨担保型の「BTCB」、XRPとペッグする「XRP-BF2」や、法廷通貨担保型の英ポンドGBPとペッグする「BGBP」、米ドルとペッグする「USDC」などのステーブルコインを発行しています。またBinanceは昨年8月にオープンブロックチェーンプロジェクト「Venus」を開発することを発表しています。Venusは世界中の法定通貨に固定された、地域版ステーブルコインの開発を目指しており、バイナンス自ら地域版Libraと称していました。なおその後Venusについて続報は届いていません。

コメント:大津賀 新也(あたらしい経済)

(images:stockdevil,dalebor)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【4/19話題】アプトスラボが金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンスが違約金支払いインド再参入かなど

アプトスラボ、マイクロソフト・SKテレコム・ボスコンらと提携。金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンス、約3億円の違約金を支払いインド再参入か=報道、バイナンスがドバイでVASPライセンス取得、個人投資家にもサービス提供可能に、バイナンス、トークンローンチプラットフォーム「Megadrop」公開。「BounceBit(BB)」取扱へ、イーサリアムのモバイルOS開発「ethOS」、web3スマホ「ethOS phone」発売開始、米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース、OKX、レイヤー2ブロックチェーン「X Layer」ローンチ