バイナンスがユーザー資産保持証明のため準備金を公開

バイナンスが準備金を公開

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが、ユーザーの資産と準備金を1:1で保持していることを証明する「Proof of Reserves(プルーフオブリザーバーズ)」を公開した。準備金の監査が実行されたのは日本時間で9月1日の9時である。

バイナンスは準備金として顧客の残高より多くの暗号資産を保管しており、BTCは顧客の残高の105.09パーセント、ETHは105.11パーセント、BNBは114.18パーセントを所有している。

またその他にも多くの暗号資産の残高が公開されており、それを保管しているアドレスについてもそれぞれ公開されている。

バイナンスは昨年の11月22日からおよそ1か月に1回準備金を公開しており、今回の準備金公開は10回目の実施となった。なお準備金の監査はバイナンス自身が行っているとのことだ。

関連ニュース

参考:バイナンス公式ページ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Pict-Rider・royyimzy

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【6/14話題】イーサリアム現物ETFの米承認は今夏中か、BORAが国内初上場へ、マイクロストラテジーの転換社債など

米SEC委員長、イーサリアム現物ETFの上場承認は「今夏中」と発言、欧州銀行監督機構、間もなく発効のMiCA遵守に基づき企業に遵守求めるガイドライン公表、国内初、Zaifにボラ(BORA)上場へ、マイクロストラテジーが5億ドルの転換社債を販売へ、ビットコイン追加購入目的で、ZKsyncの「ZK」エアドロに抗議集まる、上場中止を求める声も、コインベースにweb3ゲームの「Pirate Nation(PIRATE)」上場へ、ニア財団、NEAR DAなど推進の独立組織「Nuffle Labs」設立、DEX「Sushi」、DAOと評議会を統合した新ガバナンスモデル導入、ソラナラボ、海外ブランド向けロイヤルティプラットフォーム「Bond」立ち上げ、USDC発行の米サークル、「プログラマブルウォレット」をソラナ対応開始

Sponsored