コインチェックがメタバース事業を譲渡へ、同グループのマネックスクリプトバンクに

コインチェックがメタバース事業を譲渡へ

コインチェックが、マネックスクリプトバンク(MCB)へのメタバース事業の譲渡を9月8日発表した。MCBへの事業譲渡は10月2日付になるという。

これにより「OASIS」プロジェクトの運営および「OASIS」が発行するNFT「OCP(OASIS COMMUNITY PASS NFT)」の発行体がMCBに移管されるとのことだ。

なおコインチェックとMCBはともに、マネックスグループを持株会社とする企業グループに属する兄弟会社である。そのため、事業譲渡後もMCBは従前と同様にメタバース事業に取り組むとコインチェックは述べている。

なお「OASIS」プロジェクト始動から関わっていたコミュニティオーナーのコインチェック天羽健介氏は、今後エグゼクティブアドバイザーとして引き続きプロジェクトにコミットしていくとのこと。

またこれまで同プロジェクトのディレクターだったコインチェック塚田竜也氏がコミュニティオーナーに、またコインチェックの浅見浩志氏が新たにコミュニティディレクターに就くとのことだ。

マネックスクリプトバンクは、暗号資産(仮想通貨)やブロックチェーンのサービスに関する調査・研究・企画・開発及びコンサルティングを提供する企業。暗号資産・web3・ブロックチェーンに関するニュースレターやリサーチ、相場展望を配信している他、ビットコインがもらえるニュースアプリ「Cheeese(チーズ)」などのサービスも運営している。

また「OASIS」は メタバース×NFTのコミュニティプロジェクト。「OCP」は、「OASIS」コミュニティへのアクセス権や「OASIS」メタバースへのVIP入場、オフラインイベントへの招待といった特典が付与されている。The Sandbox(ザ・サンドボックス)上の「OASIS TOKYO」、Decentraland(ディセントラランド)上の「OASIS KYOTO」、Otherside(アザーサイド)上の「OASIS MARS」といったweb3メタバース上の都市があり、それぞれで実施予定の企画にコミュニティメンバー(OCP保有者)は参加できるとのことだ。

関連ニュース

参考:コインチェック
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Lidiia-Moor

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【3/5話題】ビットコイン1000万円突破、テザー「USDT」の流通量1000億ドル突破など

ビットコイン1000万円突破、対ドルでも史上最高値69,000ドルに肉薄、テザー社発行の米ドルステーブルコイン「USDT」、流通量1000億ドル突破、米SEC、ブラックロックの「イーサリアム現物ETF」上場の可否判断を再度延期、ソニー銀行がドル建てのデジタル証券募集へ、セキュリタイズ提供基盤でクオーラム採用、マイクロストラテジーが変換社債で6億ドルの資金調達へ、ビットコイン買い増す意向、韓国の個人情報保護委員会、ワールドコイン(WLD)の調査開始、台湾FSC、9月にデジタル資産市場規制の新法案提案へ=報道、米裁判所、「流通市場での特定の暗号資産取引は有価証券取引にあたる」との見方示す、国内初、Zaifに「スケブコイン(SKEB)」上場へ、Wormhole、ネイティブトークン転送のための新フレームワーク発表、ハッシュパレット、「CryptoNinja Party!」サービス終了へ