アニモカブランズジャパン、国内メタバース企業Brave groupへ3億円出資

アニモカブランズJPが国内メタバース企業Brave groupへ3億円出資

香港拠点のブロックチェーンゲーム開発企業Animoca Brands(アニモカブランズ)の子会社Animoca Brands株式会社(アニモカブランズジャパン)が、Brave group(ブレイブグループ)との資本業務提携を1月25日発表した。

発表によるとBrave groupはアニモカブランズジャパンより、3億円の資金調達を実施したとのこと。これによりBrave groupの累計調達額は30.4億円になったとのこと。

Brave groupはメタバース領域における事業拡大とグローバル展開の加速を見据え、今回の資金調達を実施したとのことだ。

Brave groupは国内を拠点にメタバース事業を展開する企業。バーチャルミュージックプロダクション「RIOT MUSIC(ライオットミュージック)」や次世代Virtual eSports(バーチャルeスポーツ)プロジェクト「ぶいすぽっ!」等を運営するIP事業の他、自社のメタバースエンジン「Brave Engine(ブレイブエンジン)」を活用したプラットフォーム事業など、メタバース領域における事業を展開しているという。

アニモカブランズジャパンは昨年1月にシードラウンドで講談社、西日本鉄道、三井住友信託銀行などから約11億円の資金調達を完了している。また同年8月には三菱UFJ銀行とアニモカブランズから61.5億円の資金調達を発表していた。

最近ではXRテクノロジーを活用したサービスを提供するPsychic VR Lab(サイキックVRラボ)に対して、アニモカブランズジャパンが1億円の出資を行ったことが1月17日に発表されている。

関連ニュース

アニモカブランズジャパン、Psychic VR Labに1億円出資

前澤友作MZ Cryptos、SBI、アニモカら gumi組成web3ファンド「Decima Fund」にGPとして参画

アニモカブランズ、20億ドル規模のメタバース/NFTファンド設立へ=報道

バイナンスが暗号資産業界復興ファンド(IRI)に10億ドル拠出、ポリゴン(Matic)、アニモカ、アプトス(APT)らも参加予定

web3の未来は? 暗号資産/ブロックチェーン業界を牽引する80人の「2023年の展望」

参考:アニモカブランズジャパン

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【12/4話題】米サークルがジャスティンサンとの関係否定する書簡、バイナンスがユーロステーブルコインAEUR上場へなど

米サークル、テロ資金供与とジャスティンサンとの関係否定する書簡を米議員に送る、バイナンスがステーブルコイン「アンカードコインユーロ(AEUR)」上場へ、カイバースワップ、エクスプロイト被害者へ助成金提供へ、ソラナのDEX「Jupiter」、「JUP」エアドロップ確認サイト公開、コインベースの米国外取引所、ポリゴン(MATIC)とビットコインキャッシュ(BCH)を無期限先物取引で取扱いへ、クーコイン投資部門がTON財団と提携、助成金提供し成長支援、仕組み債のDeFi「Cega」がデュアルカレンシー商品を提供開始、Lido Financeと提携で

Sponsored

コインベースの米国外取引所、ポリゴン(MATIC)とビットコインキャッシュ(BCH)を無期限先物取引で取扱いへ

コインベースインターナショナルエクスチェンジ(Coinbase International Exchange)およびコインベースアドバンスド(Coinbase Advanced)提供の「パーペチュアル取引(永久先物取引/無期限先物取引)」対応銘柄に、ポリゴン(MATIC)とビットコインキャッシュ(BCH)の2銘柄が追加予定であることが12月2日発表された

【12/1話題】KyberSwapのハッカーが完全支配を要求、マイクロストラテジーが880億円相当のBTC購入など

KyberSwap事件のハッカー、報奨金の取引条件として同社完全支配を要求、米マイクロストラテジー、880億円相当のビットコイン追加購入。合計保有数174,530BTCに、グレイスケール、現物BTC投資信託「GBTC」の運用効率化で契約更新、積水化学、蘭ブロックチェーントレーサビリティ「サーキュライズ」と業務提携、ワームホールが約331億円の資金調達、Wormhole Labs設立も、デジタル資産投資プラットフォームのFasset、ドバイでVASPライセンス取得、アニモカブランズが「オープンネットワーク」エコシステムに出資、TON最大のバリデータに、IoT向けDLTプラットフォーム「IOTA」がアブダビに財団設立、約148億円の資金提供も、バイナンス、BUSDのサポートを12月に終了へ

Sponsored