草間彌生のNFTが中国オークションハウスで15.5億円で落札

草間彌生のNFTが15.5億円で落札

芸術家の草間彌生氏が販売したNFTが、9150万人民元(約15億5,200万円)で落札されたことを、美術手帖が報じた。なお今回の落札価格は草間氏のオークションレコードを更新した作品となったようだ。

草間氏が出品したのは、同氏の『無限の網』シリーズである『無限の網(MGPP)』と『無限の網(1959,c1979)』と共に同2作の流通文書、展覧会資料、出版カタログ、証明書などの関連資料をNFT化したものであるとのこと。

これらはシングルロットとして中国のオークションハウス上海嘉禾(Shanghai Jiahe)で7月24日に行われたオークションに出品された。

上海嘉禾のリリースによるとオークションは初回入札価格3800万人民元(約6億4,500万円)からスタートし、1時間で9150万人民元(約15億5,200万円)まで競り上げられ落札されたとのこと。手数料を含めると最終的な販売価格は1億522万5,000人民元(約17億8,000万円)となった。

なお美術手帖によると今回のオークションは上海嘉禾とNFTマーケットプレイス「CryptoArt.Ai」が共同企画したものであるとのことだ。

参考:美術手帖上海嘉禾
デザイン:一本寿和

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事