大手資産運用企業ステート・ストリート、暗号資産のファンド管理サービス発表

ステート・ストリート、暗号資産のファンド管理サービス発表

大手資産運用企業の米ステート・ストリート(State Street)が同社のプライベートファンドの顧客にデジタル資産と暗号資産のファンド管理機能を提供することを7月29日に発表した。

ステート・ストリートは企業向け暗号資産データおよびソフトウェアのリーディング・プロバイダーであるルッカ(Lukka)との提携により、ファンド管理機能提供を実現した。具体的にステート・ストリートは、デジタル資産および暗号資産に関する収集、標準化、照合、処理、報告など財務分析や会計処理においてプライベート・ファンドの顧客をサポートする。

2020年12月にステート・ストリートがルッカのシリーズC資金調達ラウンドで投資を行なった後に、ファンド管理機能提供に関して具体的に取り決めていったとのことだ。

ステート・ストリート・デジタルの責任者であるナディーン・チャカー(Nadine Chakar)氏は次のようにリリースでコメントしている。

デジタル資産の人気の高まりは衰える気配がなく、ステート・ストリート・デジタルは、顧客の高まる要求に応えるために、デジタル資産のサービスモデルをさらに発展させるために必要なインフラを構築し続けることを約束します。ルッカのソフトウェアとデータを活用して、デジタル資産および暗号資産のファンド管理機能をオルタナティブ・マネージャーに拡大することは、当社のデジタル・ソリューション・セットをさらに進化させるものであり、非常にエキサイティングな展開となります。

またルッカのCEOであるロバート・マテラッツィ(Robert Materazzi)氏は次のようにコメントしている。

ステート・ストリートは、次世代のファンド管理の先駆けとなる活動を行っています。大規模で伝統的なファンドは、提供するサービスに暗号資産を追加することを急速に検討しており、その結果、ステート・ストリートのような既存の信頼できるサービス・プロバイダーにファンド管理を依頼することになります。ステート・ストリートは、暗号資産をサポートする機能を構築することの重要性をいち早く認識しており、ファンドがポートフォリオの多様化を迅速に検討している中で、ステート・ストリートと提携できることを誇りに思います。

参考:ステート・ストリート
デザイン:一本寿和
images:iStocks/metamorworks

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【9/22の話題】GMOトラストとINXが提携、Internet Computer(ICP)がビットコインに接続予定など(音声ニュース)

GMOトラストとINXが提携、ステーブルコイン「GYEN」と「ZUSD」上場へ、DFINITY財団「Internet Computer(ICP)」、ビットコインへの接続予定を発表、米フィギュア、米国規制に準拠した形でデジタル証券取引を完了、暗号資産取引所「FTX」、利用制限の対象国に日本を追加、オーケーコインジャパンがIOST保有者へのDONエアドロップに対応、国内取引所で対応分かれる、バイナンス、オーストラリアで先物やオプションなどの取引停止へ、米オスプレイ、ポリゴン(Polygon/MATIC)の投資信託発表、オランダ投資銀行ABNアムロ、パクソスの決済ソリューションに参加、米コインベースが暗号資産貸付サービス提供を中止、【取材】芥川賞作家 上田岳弘、Loot系NFT「Obsession2020」をグラコネと発行、「福岡県ブロックチェーンフォーラム」11月15日開催、「NFT」と「トレーサビリティ」のセッション予定