フラクトン、Web3.0特化型インキュベーションプログラム開催へ

フラクトン、Web3.0特化型インキュベーションプログラム開催へ

Fracton Ventures(フラクトンベンチャーズ)株式会社が、Web3.0特化型インキュベーションプログラム「Fracton Incubation 2021 powered by bitbank」を開催することを7月28日発表した。同社によるとWeb3.0特化型インキュベーションプログラムの開催は国内初とのこと。またインキュベーションプログラム及びアクセラレーションプログラムとしては国内初となるNFT活用が併せて発表されている。

このプログラムで求められる起業家像として、DAY1から世界でチャレンジすることを目指す真にオープンなプロトコル、開発ツール、コミュニティエンゲージメントを行うdApps(分散型アプリケーション)などを構築するアントレプレナー、イノベイターがあげられている。

なお対象者への支援内容としては「メンター陣を中心としたメンタリングと一部講義、フラクトンの持つグローバルなネットワークの活用、サポート企業群との接点の創出、最終DEMODAYでの発表」とのことだ。

このプログラムにて開催されるWeb3.0に関する特別講義には、Kyber Network Japan managerの堀次泰介氏、ENS (Ethereum Name Service)及び Kickbackの開発者であるMakoto Inoue氏、ステイクテクノロジーズCEOの渡辺創太氏、グラコネ代表のミスビットコインこと藤本真衣氏、Bspeak! のファウンダーであるCoffee Times氏、 BR CapitalのCOOであるタチアナ・ドゥブロビナ(Tatiana Dubrovina)氏、ダッパーラボ(Dapper Labs )のベニー・ジアン(Benny Giang)氏が登壇する予定となっている。

このプログラムの応募期間は7月28日~8月23日で、採択結果の発表は9月1日となっている。

採択後は12月中旬まで月1-2回Mentoring Hourやメンターとのコミュニケーション、特別講義などが実施され、12月末にはDEMODAYが開催される予定となっている。

申し込みはこちら

NFT活用について

また国内初のインキュベーションプログラムとしてのNFT活用として、専用のNFTを利用することで専用のオンラインコミュニケーションルームに出入りできる設計となっているとのこと。入場券となる専用のNFTの保持を都度確認を行うことで、センシティブな話題が出ることが予想される採択者とサポーター企業とのコミュニケーションを安全にするUXを保つとのことだ。

参考:PRタイムス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/YayaErnst・Rawpixe

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も

モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク

モジュラーブロックチェーンプロジェクトのアベイル(Avail)が、独自トークン「AVAIL」のエアドロップを実施する予定のようだ。このことは4月11日にX匿名アカウントBitcoineo氏が同エアドロップに関する情報を投稿した際に、アベイルの広報担当が「リーク情報」としたことで分かった

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

【取材】グリー初のブロックチェーンゲーム、「釣りスタ」で「Sui」採用、自民党が「web3ホワイトペーパー2024」策定、暗号資産取引の申告分離課税の検討やレバレッジ倍率等に提言、ソラナ(SOL)の混雑問題改善に向け修正版ソフトウェアがリリース、テスト実施へ、Chainlink、クロスチェーンメッセージングアプリ「Transporter」リリース、Japan Open Chainと日本郵便、山形県山辺町の「NFTアート」発行・販売へ、米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資、アニモカジャパンがNFTローンチパッドを今夏提供へ、プロジェクトの募集も