ニュース

ニュースカテゴリに紐づく記事の一覧です

マネックスが暗号資産の差金決済取引を開始、マネーパートナーズGのコイネージが暗号資産交換業者に登録、BinanceがSwipeを買収などのブロックチェーン・暗号資産(仮想通貨)ニュース解説

マネックスが4種類の暗号資産の差金決済取引を開始、マネーパートナーズグループのコイネージが暗号資産交換業者に登録、バイナンスがSwipeを買収、メルセデス・ベンツのDaimler AGとOcean Protocolが概念実証(PoC)完了の発表、SBIホールディングスがブロックチェーンをはじめとするフィンテック技術等への投資のために新株予約権付社債を発行

メルセデス・ベンツのDaimler AGとOcean Protocolが概念実証(PoC)完了の発表

シンガポールに拠点の分散型データ交換プロトコルであるOcean Protocol(オーシャンプロトコル)がメルセデス・ベンツなどのブランドを有するドイツ自動車メーカーのDaimler AG(ダイムラー)と共同の概念実証(PoC)を完了したことを発表した。このPoCはDaimler AGが所有する世界の生産拠点と部品調達パートナーを結ぶサプライチェーンで、販売データや財務データなどを共有できるかを問うために行われた。

大同生命とディーカレットがデジタル通貨発行の実証実験、SEC認可のデジタル証券ファンドが販売開始、アントGアリババGがコスコとAnt BC活用の契約などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

大同生命とディーカレットが自社ブランドのデジタル通貨発行の実証実験開始、米証券取引委員会(SEC)認可のデジタル証券ファンド「Arca U.S.Treasury Fund」が販売開始、アント・フィナンシャルサービスグループ(Ant Group)とアリババグループ(Alibaba Group)がコスコ(COSCO)とAnt Blockchain活用の契約締結、ConsensysやThe BlockやbitFlyer USAなどのブロックチェーンスタートアップが米国の「PPP」救済融資を受給、韓国の大手通信キャリアSK TelecomとLG U+がブロックチェーン利用のスマートフォン補償サービスを相次ぎ発表、ブラジル規制当局がBinance(バイナンス)の国内デリバティブ取引提供に対し停止命令

ブラジル規制当局がBinance(バイナンス)の国内デリバティブ取引提供に対し停止命令

ブラジルの規制当局であるブラジル証券取引委員会(CVM)がBinance(バイナンス)のブラジル国内居住者に向けたデリバティブ取引の提供に対し、停止命令を下したことを7月6日発表した。なお停止命令を受けたのはバイナンスの先物取引を扱うプラットフォームであるBinance Futuresである

Consensys、The Block、bitFlyer USAなどのブロックチェーンスタートアップが米国の「PPP」救済融資を受給

米国中小企業庁(SBA)が給与保護プログラム(PPP:Paycheck Protection Program)の詳細を発表し、様々な分野の66万人以上の受給者のデータを公表した。その中にZcashを開発するElectric Coin Company、ConsenSys、bitFlyer USA、Circle Internet Financial、Quantstamp、Messari、The Block、TokenSoft 、Polychain Capital、Unchained Capitalなどのブロックチェーン・仮想通貨)領域の企業が記載されていた。

バイナンス中国研究所が中国国有企業と中小企業のサプライチェーンファイナンス促進へ、チェーントープがBCを利用して行政文書のデジタル化に向け実証事業実施などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

バイナンス中国研究所が中国の国有企業とパートナーシップ締結をし中小企業のサプライチェーンファイナンスを促進へ、チェーントープがブロックチェーン技術を利用して行政文書のデジタル化に向け実証事業を実施、HashPortと米STO関連企業Tokensoft(トークンソフト)が業務提携、PolkadotエコシステムとTEEの組み合わせによる次世代ソリューションについてのレポートが公開

チェーントープがブロックチェーン技術を利用して行政文書のデジタル化に向け実証事業を実施

株式会社chaintope(チェーントープ)と株式会社ハウインターナショナルが、福岡県飯塚市が交付する各種証明書をスマートフォン上で扱うことができるサービスの実現に向け、実証事業を開始したことを7月3日発表した。なお各種証明書の電子交付にはチェーントープのブロックチェーン技術を採用する

PolkadotエコシステムとTEEの組み合わせによる次世代ソリューションについてのレポートが公開

Web3 FoundationのブロックチェーンへインターオペラビリティをもたらすプロジェクトであるPolkadot(ポルカドット)が、TEE(Trusted Execution Environment)とPolkadotエコシステムの組み合わせによって生み出される次世代のWebソリューションについてまとめたレポートを7月2日に公開した。

バイナンス中国研究所が中国の国有企業とパートナーシップ締結をし中小企業のサプライチェーンファイナンスを促進へ

Binance China Blockchain Institute(バイナンス中国ブロックチェーン研究所)が、国務院国有資産監督管理委員会(SASAC)の下で中国商業ネットワーク建設発展センターが設立したサプライチェーン革新と応用のための中国の国有企業Zhongshang Beidou(中商北斗)と戦略的パートナーシップを締結したことを発表した。

日銀がレポート「中銀デジタル通貨が現金同等の機能を持つための技術的課題」を公開、MUFGがBCシステム「Trakk」を活用した商品貿易金融取引に成功などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

日本銀行が「中銀デジタル通貨が現金同等の機能を持つための技術的課題」と題するレポートを公開、MUFGがブロックチェーンシステム「Trakk(トラック)」を活用した商品貿易金融取引に成功、中国アリババがブロックチェーン特許取得数で独走、米国内国歳入庁(IRS)が暗号資産(仮想通貨)やブロックチェーンプロトコルの取引追跡に関するRFIを公開、みんな電力がブロックチェーンを活用した電力取引とトレーサビリティシステムに関する特許を取得、中西金属工業株式会社がブロックチェーン技術を活用の物流倉庫向け「配送システム」開発に着手、日本セキュリティトークン協会がオンラインセミナー「セキュリティトークン・STOに関する金融商品取引法等の改正」を8月4日に開催

(Basset代表取締役竹井悠人氏のコメント追記)ブロックチェーンセキュリティ企業Basset(バセット)が暗号資産(仮想通貨)リスク分析APIをリリース

ブロックチェーンセキュリティー企業「Basset」が、暗号資産(仮想通貨)事業者や開発者に向け、AML/CFT(資金洗浄およびテロ資金供与の対策)リスクを自動評価するAPIをリリースしたことを発表。このAPIのリリースの目的はサービス利用者が安全な取引を実施できるようにすることとのことだ。

MUFGがブロックチェーンシステム「Trakk(トラック)」を活用した商品貿易金融取引に成功

MUFG(三菱UFJフィナンシャル・グループ)が文書の監査証跡を構築する独自のブロックチェーンシステムであるTrakk(トラック)を使用して、商品貿易金融取引に成功したことを発表した。Trakkを開発したのはKomgo社。Komgoは様々な貿易金融デジタルプラットフォームを開発している。ちなみにMUFGはKomgoに出資をしていて、Komgoはこれまで約10億ドルの資金調達を行なっている。

米国内国歳入庁(IRS)が暗号資産(仮想通貨)やブロックチェーンプロトコルの取引追跡に関するRFIを公開

米国内国歳入庁(IRS)は調査パイロットプログラムの一環として、さまざまな種類の暗号資産(仮想通貨)取引を追跡するために使用できるツールの可能性についての情報を募集していることを明らかにした。調査パイロットプログラムはIRS犯罪捜査部門(CI)のパイロットプログラムに関連しているとのこと。