【取材】プラズムネットワーク(Plasm Network)のステイクが暗号資産取引所「OKEx」から資⾦調達(ステイクテクノロジーズ CEO 渡辺創太氏)

プラズムネットワークのステイクが暗号資産取引所「OKEx」から資⾦調達

⽇本発のパブリックブロックチェーンである「Plasm Network(プラズムネットワーク)」の開発をリードするStake Technologies(ステイクテクノロジーズ)が世界的な暗号資産取引所である「OKEx」が組成した約100億円ファンドである「Block Dream Fund」から資⾦調達を実施したことを発表した。なお「OKEx」がポルカドット(Polkadot)エコシステムのプロジェクトに投資を⾏なうのは「Plasm Network」が初めてだ。

「Plasm Network」は2021年2⽉9⽇にバイナンスをリード投資家にした資⾦調達を発表後、5つの技術的な進捗があった。

それは「世界初、Polkadotのコア機能となるクロスチェーントランザクションをテストネットで成功、助成⾦プログラムに採⽤されたスケーリングソリューションであるZK Rollupsの実装を⾏いマイルストーン1を提出、EthereumとPolkadotのブリッジを実装開始、Secret Network(旧エニグマ)とPolkadotのブリッジのデモを実装、ハードウェアウォレットのPolkadot、Plasm Networkへの対応を実装」である。

Block Dream Fundのファウンディングパートナーであるドラ(Dora)氏は「Plasm Networkは、⾼度な技術、経験、能⼒を備えた信じられないほど実⽤的で有能なチームを持っています。

チーム はPolkadotの開発それ⾃体にも多⼤なエネルギーとリソースを投資して開発を⾏っています。PlasmがPolkadotの成⻑をサポートし、エコシステムと共に発展していくことを期待しています」とコメントしている。

あたらしい経済編集部は、Stake Technologies 代表取締役CEO 渡辺創太氏へ取材を行った。

Stake Technologies 代表取締役CEO 渡辺創太氏へ取材

ーOKExから資金調達を行った理由は何でしょうか。

渡辺創太:Plasm NetworkはPolkadotに接続するブロックチェーン(パラチェーン)として開発を行っています。

実際にPolkadotに接続するためには「繋ぎたいです」と意思表示するだけではなく、DOTトークンをコミュニティから集め他のプロジェクトと競争することになります。

現在、DOTを一番管理しているのは取引所だと予測しておりバイナンスを始めOKExからもサポートしてもらうことでパラチェーンになる可能性を上げるのが目的です。

(images:iStocks/)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した