AWSが「Ethereum on Amazon Managed Blockchain」の一般提供を開始、東京やロンドンなど

AWSが「Ethereum on Amazon Managed Blockchain」の一般提供を開始

AWSが「Ethereum on Amazon Managed Blockchain」の一般提供を3月2日に発表した。

利用可能になるのは「USイースト(N.バージニア)、アジアパシフィック(シンガポール)、アジアパシフィック(東京)、アジアパシフィック(ソウル)、ヨーロッパ(アイルランド)、ヨーロッパ(ロンドン)」だ。今後、利用可能な地域は増えていく予定とのこと。

AWSのリリースでは、イーサリアムについて「Ethereumは人気のある分散型ブロックチェーンフレームワークで、ピアツーピアのネットワークを確立し、参加者が信頼できる中央機関なしで取引を行うことを可能にします」と説明されている。

AWSはイーサリアムのユースケースとしてDeFi(分散型金融)をリリースで取り上げている。

そしてAWSは「DeFiが既存の金融ネットワークと異なるのは、オープンでプログラム可能であり、中央の権限を持たずに動作し、顧客が支払い、投資、融資、取引のための新しい方法を提供することを可能にするところです」と説明している。

またAWSはDeFiの現状の課題に関して「顧客がDeFiなどEthereumベースのアプリケーションを構築する際には、Ethereumインフラの運用と管理に複雑さと時間がかかることがわかっています。

具体的な懸念事項としては、非同期ノードによるデータの信頼性、データストレージのスケーリングの問題、脆弱なオープンソースソフトウェアによるノードクラッシュ、時間のかかるEthereumソフトウェアのアップグレードなどが挙げられます」と説明している。

「Ethereum on Amazon Managed Blockchain」の提供開始によって、AWSの顧客は数分で簡単にEthereumノードを準備することができるようになり、さらにパブリックイーサリアブロックチェーンやRinkebyやRopstenなどのテストネットワークに接続することができるようにもなる。

また「Amazon Managed Blockchain」を利用することで、顧客は安全なネットワーキング、データのデータベースへの保存時や他のデータベースへの移動時の暗号化、標準的なオープンソースのEthereum APIを介したネットワークへの安全なアクセス、イーサリアムブロックチェーンとの高速かつ信頼性の高い同期、台帳データのための耐久性と拡張性を備えたストレージを得ることができるようになる。

さらに「Amazon Managed Blockchain」は、ノードの健全性を監視し、不健全なノードを交換し、イーサリアムソフトウェアのアップグレードを自動化することで、顧客のイーサリアムインフラストラクチャの可用性を向上させる。またDeFiアプリケーションに加えて、スマートコントラクト監視ツールや不正検知ソフトウェアなどの分析製品を構築している顧客は、「Amazon Managed Blockchain」上のこのスケーラブルで可用性が高く、完全に管理されたイーサリアムサービスの恩恵を受けることができるようになる。

(images:iStocks/krblokhin・BestForBest)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【11/26の話題】メタバースのZEPETOがLINEブロックチェーン活用、クリスティーズとOpenSeaが共同でNFTオークションなど(音声ニュース)

メタバース「ZEPETO」、LINEブロックチェーン活用し「NFT Studio」でNFT販売へ、クリスティーズとOpenSea、共同でNFTオークション実施へ、バイナンス、NFTゲームプラットフォームの「VulcanForged PYR(PYR)」を上場へ、ビットバンク、チェーンリンク(LINK)上場へ、日本取引所グループが新会社「JPX総研」設立へ、ブロックチェーンなど環境変化に対応、アニモカブランズ、ゲーマーにウォレット提供の合弁会社設立へ。暗号資産カストディ企業Hex Trustと

メタバース「ZEPETO」、LINEブロックチェーン活用し「NFT Studio」でNFT販売へ

LINEの暗号資産・ブロックチェーン関連事業を展開するLVCが、メタバースプラットフォーム「ゼペット(ZEPETO)」から販売されるNFTの基盤技術に「LINE Blockchain」が採用されたことを11月26日に発表した。なおCryptoGames(クリプトゲームス)運営の「NFT Studio」がこのNFTの販売プラットフォームとなる。

【11/25の話題】米Arcaが約35億円規模NFTファンド、米コインベースのBRD買収など(音声ニュース)

米Arca、約35億円規模NFT特化ファンド立ち上げ、米コインベース、暗号資産ウォレット提供「BRD」を買収へ、Foldと「ポケモンGO」のNianticが提携、AR世界でビットコインが獲得できる「Fold AR」発表、円建て民間デジタル通貨「DCJPY」、22年実用化目指し実証実験へ、GMOコイン、モナコイン(MONA)上場へ、仏サッカー「ASモナコ」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ、地域プロ野球リーグ「九州アジアプロ野球機構」、FiNANCiEでトークン発行