バイナンスらが暗号資産ファンドのマルチコイン・キャピタルのリミテッド・パートナーに

バイナンスらが暗号資産ファンドのマルチコイン・キャピタルのLPに

バイナンス(Binance)が米暗号資産(仮想通貨)ヘッジファンドのマルチコイン・キャピタル(Multicoin Capital)に投資を行い、リミテッド・パートナー(LP)になったことを発表した。バイナンスが暗号資産系のヘッジファンドに投資を行ったのは初めてのこと。

バイナンスはこれまでに何度かマルチコイン・キャピタルと協力し、いくつかの初期段階のブロックチェーンプロジェクトの特定、インキュベーション、投資を行ってきたようだ。

BinanceのCEOであるChangpeng Zhao(CZ)氏は「マルチコイン・キャピタルは、暗号資産業界ににおける最大の成功ストーリーのいくつかに貢献してきました。

彼らはこの領域の投資家を代表して非常に熱心に働き、新興プロジェクトを見極め、公共市場に影響を与える破壊的イノベーションを予測する鋭い目を養ってきました。

彼らは強力な実績を持ち、ビットコインを超えた新興資産に関する独自の知識を持っています。彼らは最高の能力を持っており、私たちはリミテッド・パートナーとして参加できることを嬉しく思っています。私たちは、より広範な業界でより緊密に協力していくことを楽しみにしています」とコメントしている。

マルチコイン・キャピタルのマネージングパートナーであるトゥシャール・ジェイン(Tushar Jain)氏は「私たちはバイナンスを何千時間もかけて調査し、ブロックチェーンエコシステムにおいて最も戦略的に重要なインフラプロバイダーの一つであると断言できます。

バイナンスをリミテッドパートナーのグループに迎え入れたことを誇りに思います。この投資は当社への大きな信頼の証であり、当社が負うべき重要な責任を表しています」とコメントしている。

またリブビット・キャピタルやユニオン・スクエア・ベンチャーズ、アンドリーセン・ホロウィッツの創業マネージング・パートナーであるマーク・アンドリーセン、クラフト・ベンチャーズの創業者でPayPal Holdings Inc.の初代最高執行責任者であるデビッド・サックス氏などの個人もマルチコイン・キャピタルのリミテッド・パートナーとなったとのことだ。

(images:iStocks/pgraphis)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【12/8の話題】ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、人気ゲーム「ゴーストリコン」がNFTなど(音声ニュース)

ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、ジャックドーシー人形も登場、UBISOFT、人気ゲーム「ゴーストリコン」にNFT採用。テゾス(XTZ)でNFTプラットフォームをローンチ、FTX、不動産を暗号資産で購入する機会提供。マイアミ市で開始、VisaやAmexら、暗号資産不正利用やマネロン対策ツール提供「TRM」に出資、【取材】DNP、ブロックチェーン活用で「n次創作物」販売に向けた実証実験開始、フィデリティとネクソが提携し、機関投資家向けサービス展開へ、バイナンス、機関投資家向け暗号資産カストディサービス提供開始、JFL所属プロサッカークラブ「FC大阪」、FiNANCiEでクラブトークン発行

Sponsored