請求書AIクラウド「LayerX INVOICE」が「マネーフォワード クラウド会計」と連携開始を発表

「LayerX INVOICE」が「マネーフォワード クラウド会計」と連携開始を発表

株式会社LayerXが提供する請求書AIクラウド「LayerX INVOICE」は株式会社マネーフォワードが提供する「マネーフォワード クラウド会計」および「マネーフォワード クラウド会計Plus」(以下「マネーフォワード クラウド会計」)との連携を開始することを発表した

「LayerX INVOICE」は、請求書の受け取り後、AI-OCRが請求書を自動でデータ化の上、仕訳データや振込データの自動作成及び会計システム連携をシームレスに実行することで経理DXを推進するサービス。

一方で「マネーフォワード クラウド会計」は、面倒な法人決算をラクにするクラウド型会計ソフト。「マネーフォワード クラウド会計」は取引入力と仕訳の自動化で作業時間を大幅削減し、これまで時間がかかっていた会計業務を効率化していて、税法改正や消費税の増税にも自動アップデートで対応している。

そして「マネーフォワード クラウド会計Plus」は、IPO準備・中堅企業向けに特化した会計ソフト。仕訳承認機能や業務分担に合わせた権限設定が可能、効率的に内部統制に対応している。

この連携ににより、「LayerX INVOICE」の利用者は手入力なく仕訳データを「マネーフォワード クラウド会計」に連携することができ、請求書の受領・データ化、仕訳登録、支払といった経理業務にかかる一連のプロセスの上流から下流までをシームレスにデジタル化することが可能になる。

具体的にはこの連携によって「LayerX INVOICEから手入力・変換不要でマネーフォワード クラウド会計に取り込めるCSVのダウンロード、「マネーフォワード クラウド会計」の各種マスタデータを手入力・変換不要でLayerX INVOICEにデータ取り込み」が可能になる。

(images:iStocks/LuckyStep48)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【12/9の話題】JCBとDatachainがデジタル通貨相互交換の実証、PakのNFT「Merge」が約104億円で完売など(音声ニュース)

【取材】JCBとDatachain、ステーブルコインなどデジタル通貨相互交換に向け実証開始、PakのNFT「Merge」、合計約104億円で完売、Messari、DAOのアグリゲーターツール提供開始、バイナンスにBiconomy(BICO)上場、米コインベースプロ、イミュータブルX(IMX)やゴッズアンチェインド(GODS)など暗号資産6銘柄を新規上場、米ジェミナイ、コロンビア大手銀行の顧客に暗号資産取引サービス提供へ、フランスとスイスの中銀、CBDCクロスボーダー決済実験に成功、ブラジルサッカーのパルメイラス、チリーズのSocios. comでファントークン発行へ

Sponsored

【取材】JCBとDatachain、ステーブルコインなどデジタル通貨相互交換に向け実証開始

JCBとDatachain(データチェーン)が「デジタル通貨交換基盤」構築を見据え、異種ブロックチェーン間のインターオペラビリティ(相互運用性)に関する実証実験を開始したことが12月9日に分かった。両社は8月に異種分散型台帳間の相互接続についての共同研究を始めており、実証実験はその次の段階だと考えられる。