PayPal やコインベースら参加、米暗号資産の税務会計ソフトウェア企業TaxBitが約120億円の資金調達

米暗号資産の税務会計ソフトウェア企業TaxBitが約120億円の資金調達

米暗号資産(仮想通貨)の税務・会計自動化ソフトウェアを提供するタックスビット(TaxBit)が、ParadigmとTiger Globalが主導し、PayPal Ventures、Coinbase Ventures、Winklevoss Capitalが追加参加した約120億円(1億ドル)のシリーズA資金調達ラウンドを行ったことを発表した。

このシリーズAラウンドには、米著名投資家のビル・アックマン(Bill Ackman)、Qualtricsの共同創業者で会長のライアン・スミス(Ryan Smith)、アンソニー・ポンプリアーノ(Anthony Pompliano)、元Venmo COOのマイケル・ヴォーン(Michael Vaughan)、Galaxy Digital、Valar Ventures、Collaborative、Global Founders Capital、Album Ventures、TTV Capital、Original Capitalなどが参加している。

TaxBitのCEOオースティン・ウッドワード氏は「TaxBitでは、前世紀最大の金融革新の混乱を生み出している暗号資産は、税務や会計の複雑さに影響を受けないようにしなければならないと考えています。

TaxBitの過去12ヶ月間の業績は記録的なものでした。パラダイム、タイガーグローバル、その他多くの素晴らしい投資家のサポートを得て、私たちは世界クラスの税務・会計製品を拡大し続け、暗号資産が企業、消費者、政府の間で繁栄し続けることができるようにすることに興奮しています」とコメントしている。

編集部のコメント

2018年に立ち上げられたTaxBitのプラットフォームは、企業、消費者、政府のための暗号資産の税務コンプライアンスのすべての側面を自動化しています。

これまでTaxBitのプラットフォームは、100万件以上の税務申告書を作成し、提出することを支援してきたようです。Tax Bitは現在「TaxBit Enterprise」と「TaxBit Consumer」の2種類のサービスを提供しています。

(images:iStocks/pgraphis)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ