スマートアプリが国内初のクリプトアーティスト登録制NFTマーケットプレイス「nanakusa」のβサービスリリースへ

NFTマーケットプレイス「nanakusa」のβサービスがリリースへ

デジタルトークン(NFT:ノンファンジブルトークン)を活用したブロックチェーンプラットフォームサービス「GO BASE」を展開する株式会社スマートアプリが、国内初のクリプトアーティスト登録制NFTマーケットプレイス「nanakusa」のβサービスを3月15日より開始することを3月2日発表した。

「nanakusa」は事業者やクリプトアーティストが制作したNFTの販売及び、利用者同士が保持しているNFTを売買できるNFT売買プラットフォームサービスだ。NFTはブロックチェーン上で売買されるため、利用者同士の売買においても永続的に事業者・制作者にロイヤリティが還元される仕組みとなっているとのことだ。なおロイヤリティの還元率は現在、非公開とのことで、ベータリリース期間中については一部ブロックチェーンゲーム及び、NFTコンテンツのみ売買が可能とのことだ。

株式会社スマートアプリのプレスリリース資料より

また「nanakusa」にてNFTの発行及び、一次販売を行うことができるパートナーである「公認クリプトアーテイスト」の募集をβサービス開始同日の3月15日より開始するとのこと。「公認クリプトアーテイスト」はデザイナーやイラストレーター、作家、音楽アーティストなど幅広いジャンルでアーティストの募集を行うとのことで、ブロックチェーンの知識が無いアーテイストに対しては説明会を随時行なうとのこと。

また「nanakusa」では、高騰するトランザクション手数料(GAS代)の解決策として、Matic Network社が提供するL2ソリューション、Polygon(Matic)に対応するとのこと。さらに同サービスでのインセンティブ報酬を構築すべく、MCH株式会社とのパートナーシップ契約の締結及び、日本暗号資産市場株式会社の代表取締役である岡部典孝氏をアドバイザーに迎えるとのことだ。

関連リンク

・nanakusa
https://nanakusa.io

(images:iStocks/artsstock)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【5/24話題】米SECがイーサリアム現物ETF承認、NYでXRPの取引再開、かぼすちゃん亡くなるなど

米SEC、イーサリアム現物ETF上場の取引所申請を承認、米コインベース、NYで「XRP」の取引再開、野村HD、ブロックチェーンのバリデータ事業など行うKudasai子会社Omakaseに出資、香港SFC、イーサリアム現物ETFのステーキング許可を検討か=報道、ドージコイン(DOGE)のモデル「かぼすちゃん」亡くなる、STEPN運営のFSL、web3ライフスタイルアプリ「STEPN GO」αテスト開始、GMOコイン、「暗号資産FX」に6銘柄追加(DOT・ATOM・ADA・LINK・DOGE・SOL)、メタマスクがビットコイン(BTC)のサポート開始か=報道、「FRBと日銀がビットコインを100万ドルに上昇させるカギ」、アーサーヘイズ考察