#イーサリアム

米マイアミ市長、3月6日にBTCとETHを購入していたことが明らかに

米マイアミ市長のフランシス・スアレス(Francis Suarez)氏が1.9兆ドルの景気刺激法案(American Rescue Plan)が通過した3月6日に個人的にビットコインとイーサリアムを購入していたことが2021年のイーサリアムバーチャルサミット(2021 Ethereal Virtual Summit)でDecrypt編集長のダニエル・ロバーツ(Daniel Roberts)氏に語ったことで明らかになった。

イーサリアムの歴史・ビットコインとの違い「アルトコイン最前線、イーサリアム徹底解説 #1」

今回のテーマは「アルトコイン最前線、イーサリアム徹底解説 #1」です! この動画では、オンライン学習サービス「PoL(ポル)」を運営する株式会社techtecの代表取締役CEOである田上智裕氏が仮想通貨イーサリアムについて徹底解説。イーサリアムの歴史やビットコインとの違い、イーサリアムの構成要素などについて解説しています

カナダにて初のイーサリアムETFが3件承認

カナダにて初となる暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの上場投資信託(ETF)が同国の証券規制当局より承認されたことが明らかになった。 イーサリアムETFの最終目論見書が承認されたのは、資産運用企業のCIグローバルアセットマネジメント(CI Global Asset Management:CI GAM)、パーパス・インベストメンツ(Purpose Investments Inc)、イボルブファンズグループ(Evolve Funds Group)の3社だ。この3社ではいずれもカナダにてビットコインETFを提供している

仮想通貨相場・ニュース解説 Youtube生放送番組アーカイブ(3/9)【①イーサリアム・ネム上昇要因解説②香港上場企業仮想通貨購入】

幻冬舎「あたらしい経済」と「CoinPost」が提携し、ブロックチェーン/仮想通貨(暗号資産)業界のニュース解説や初心者向けに学べるトピックスを紹介するYouTube番組「#CONNECT」。 こちらの「仮想通貨相場・ニュース解説 生放送番組アーカイブ」ではTAOTAOのクリプトアナリストである仮想NISHI氏とコインポスト代表の各務貴仁が仮想通貨の相場急変時や重要ニュース発表時に緊急生放送を実施した内容となっています。

カナダで2件目、Evolve FundsがイーサリアムETFの目論見書を規制当局へ提出

イボルブファンズグループ(Evolve Funds Group)が暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(Ethereum)のETF(上場投資信託)発行に関する目論見書をカナダの金融規制当局に提出したことを3月2日発表した。イーサリアムETFの発行申請は先日2月25日にカナダ資産運用企業のCI Global Asset Management(CI GAM)が先行して行っており、今回の目論見書提出はカナダでは2例目となる

エヌビディア(NVIDIA)がイーサリアムマイニング専用プロセッサを発表

エヌビディア(Nvidia)がイーサリアムマイニング専用に作られた新しいプロセッサチップを2月18日に発表した。クリプトカレンシー・マイニング・プロセッサー(Cryptocurrency Mining Processor:CMP)と呼ばれるこの製品は、従来のGPUを使用してETHや類似のプロセスに依存する他の暗号資産(仮想通貨)をマイニングするマイナーが使用できるように特別に設計されているようだ