コンセンシスとマスターカード、イーサリアム関連のサービス提供へ

コンセンシスとマスターカード、イーサリアム関連のサービス提供へ

コンセンシス(ConsenSys)とマスターカード(Mastercard)が共同で、ソフトウェアソリューション「ConsenSys Rollups」を開発したことを12月16日に発表した。

「ConsenSys Rollups」とは「Ethereum Virtual Machine(EVM)」対応のあらゆるブロックチェーンに接続可能なスケーラビリティとプライバシー機能の提供に焦点を当てたモジュール式ソフトウェアソリューションであると発表されている。具体的にはイーサリアムのメインネットや「ConsenSys Quorum」のプライベートネットワークで使用することができるようだ。

また「ConsenSys Rollups」は、ゼロ知識証明を活用して、口座残高、送金者、受取人、金額などの特定の取引要素を保護し、重要な取引データがネットワーク上で公に共有されないようにし、取引のプライバシーと機密性を大幅に向上させることを可能にしているようだ。

スケーラビリティの観点では、現在のプライベートチェーンでは300TPS(Transaction Per Second)、イーサリアムメインネットでは15TPSであるのに対し「ConsenSys Rollups」では最大1万TPSのスループットを達成することが可能とのことだ。

そして発表では「ConsenSys Rollups」の具体的なユースケースとして中央銀行デジタル通貨(CBDC)、分散型取引所(DEX)、少額決済(Micropayments)、個人送金と税務処理(Private transfer and taxes)が挙げられている。

コンセンシスのプロトコルエンジニアリング担当グローバルリードであるマデリン・マレイ(Madeline Murray)氏は次のようにコメントしている。

「ConsenSys Rollupsは、既存のユースケースのソリューションの強化と新しいユースケースの実現に向け、強力なプライバシー保護に加え、大幅なスケーラビリティを実現します。この革新的なソリューションは、未来の金融の構築を加速させるでしょう」

マスターカードのデジタルアセットおよびブロックチェーンプロダクト・パートナーシップ担当上級副社長であるラジ・ダモダラン(Raj Dhamodharan)氏は次のようにコメントしている。

「現実世界の問題解決に貢献するブロックチェーン技術には真の可能性があると信じています。プライバシーを含む消費者保護と拡張性の高いインフラは、私たちが構築するブロックチェーンソリューションの主要な要件です。コンセンシスとの協力は、そのニーズを満たし、この分野を発展させるための重要なステップとなります」

コンセンシスは今年の4月にマスターカードらから約71億円の資金調達を行い、協業を開始している。

現在ゼロ知識証明を活用したレイヤー2のスケーリングソリューション「Roll-up」関連のサービス提供は、2022年注目を集めていく領域だろう。

参考:コンセンシス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/agsandrew

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【取材】zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ

秘匿化やプライバシー技術に関連する「zkRollupプロトコル」の開発を行う「Ryodan Systems」とフォアーが、分散型アプリケーションレイヤーの構築のため、業務提携したことを発表した。フォアーはAI/ビッグデータ解析領域のアルゴリズムの開発と共に、多数の演算処理を同時に処理可能なベクトル型プロセッサの開発を行う日本企業。またRyodan Systemsはスイスを拠点に日本人開発者である日置玲於奈氏がCEOを務める企業だ。

【8/10話題】Redditがアービトラムで独自ポイント、渋谷区が年内にデジタル地域通貨など(音声ニュース)

Reddit、L2アービトラムで独自ポイント発行へ。FTX Payでも利用可能に、渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ、NFTミンティング「Fair. xyz」、OpenSeaらから約6億円調達、zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ、米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か、オーストラリア中銀、CBDCのユースケース調査へ、「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

Sponsored

「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

米ドルステーブルコイン「USD Coin(USDC)」 の発行元である米サークル(Circle Internet Financial)が、イーサリアム(Ethereum)の「マージ(The Merge)」後において、PoW(プルーフオブワーク)チェーンについてサポートせずPoSチェーンのみに対応する意向を8月9日表明した。

渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ

東京都渋谷区でデジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」が導入されることが分かった。この取り組みは渋谷区の「デジタル地域通貨事業」として年内に開始される予定だ。カヤック同事業をが受託し、ジェーシービー(JCB)、ポケットチェンジと協働し同事業の総合プロデュースを担うとのことだ。

米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か

米金融大手シティグループ(Citigroup)が、新たに暗号資産(仮想通貨)関連の新規プロダクト等の開発を計画している可能性が浮上した。同社は現在、暗号資産(仮想通貨)関連のリスクマネージャーの募集を行っており、募集要項を確認するとその可能性が高いと考えられる。

【8/9話題】STEPNがLINE Blockchain上で開発へ、米財務省がトルネードキャッシュ制裁など(音声ニュース)

STEPNが「LINE Blockchain」上で開発へ、LINEがFind Satoshi Labと覚書締結、米財務省、暗号資産ミキシング企業を制裁へ。資金洗浄額は合計約9,444億円か、ソラナ(SOL)基盤の企業向けウォレット開発「Cashmere」、シードで約4.4億円調達、アバランチ「Coreウォレット」、全EVM互換チェーンに対応開始、ロビンフッドでアバランチ(AVAX)とステラルーメン(XLM)上場、ニアプロトコルが「JS SDK」公開、JAVAスクリプトで開発可能に

Sponsored