米ビットワイズ、人気NFTのインデックス・ファンド立ち上げ

米ビットワイズ、人気NFTのインデックス・ファンド立ち上げ

米国暗号資産運用企業のビットワイズ(Bitwise)が、10つの人気NFTの価格を追跡するインデックス・ファンドを立ち上げたことが12月16日に分かった。

インデックス・ファンドの名称は「Blue-Chip NFT Index Fund(ブルーチップNFTインデックス・ファンド)」だ。なおこのファンドは適格投資家が約280万円(25,000ドル)から投資可能となっている。

なおビットワイズはCryptoPunks、Bored Ape Yacht Club、Mutant Ape Yacht Club、Autoglyphs、Fidenza、VeeFriends、CyberKongz Genesis、Cool Cats、MeebitsおよびChromie SquiggleのNFTを購入し保管する予定とのことだ。インデックス・ファンドのNFTはフロアプライスの時価総額によって、四半期ごとにリバランスする予定のようだ。

ビットワイズCIOのマット・ホウガン(Matt Hougan)氏は次のようにコメントしている。

「アートに新境地が誕生するのは稀なことです。NFTは芸術品や収集品を所有するための初のデジタルネイティブな媒体として登場し、デジタル化が進むこの世界において、意味、価値、利用の面で大きな可能性を持っています。多くの投資家にとって、この組み合わせは潜在的な機会を意味します。ビットワイズ・ブルーチップNFTインデックス・ファンドは、こうした投資家に、デジタルアート市場で最も価値のあるコレクションへのシンプルで多様なアクセスを有意義な方法で提供することを目的としています」

ビットワイズは今年2月に分散型金融(DeFi)のインデックスファンドをアンカレッジ(Anchorage)と連携して立ち上げている。

DeFiそしてNFTのインデックスファンドを率先して立ち上げていることから、ビットワイズは新たなアセットクラスをインデックス・ファンドという形で、個人の適格投資家に届ける戦略を取っているのだと考えられる。

参考:ビットワイズ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/metamorworks・artacet

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した