イーサリアム2.0初のアップグレード「アルタイル」、メインネット実装10月27日に

イーサリアム2.0の「アルタイル」実装が10月27日に

イーサリアム2.0のアップグレード「アルタイル(Altair)」が10月27日午前10:56:23(UTC:世界協定時)にメインネットに実装されることが分かった。

「アルタイル」はイーサリアム(Ethereum)2.0ネットワークのフェーズ0である「ビーコンチェーン(Beacon Chain)」における初のアップグレードとなる。

イーサリアム2.0のアップグレードはフェーズ0からフェーズ2.0まで4段階に分けての実施が予定されており、最終的にはプルーフ・オブ・ステーク・コンセンサス(ステーキング)とシャーディング(処理能力を向上する技術)を使用したイーサリアム2.0のチェーン(ビーコンチェーン)にイーサリアム1.0のチェーン(エグゼキューションチェーン)を移行する計画となっている。

イーサリアム財団(Ethereum Foundation)の9月28日の発表によると今回のアップグレードでは、「ライトクライアントへのサポート追加」と「バリデータのインセンティブに関する問題の修正」が行われ、またEIP-2982(改善案)による懲罰的パラメータの導入もされるようだ。なお10月4日には「アルタイル」のより詳細な情報が公開されるとのこと。

8月に開催されたAMAでの、イーサリアム財団のEth2リサーチャーであるアレックス・ストークス(Alex Stokes)氏の発言によると、「アルタイル」後は1.0のチェーンと2.0のチェーンを統合する「The Marge」のプロセスに集中をすると説明されている。

関連ニュース

業界有識者が語る「イーサリアム2.0」始動への見解(ハドソン・ジェイムソン/平野淳也/鈴木雄大/中村龍矢)

【動画解説】イーサリアム2.0とは?(techtec代表 田上智裕氏)

参考:イーサリアム財団
デザイン:一本寿和
images:iStocks/SiberianArt・artacet

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【11/26の話題】メタバースのZEPETOがLINEブロックチェーン活用、クリスティーズとOpenSeaが共同でNFTオークションなど(音声ニュース)

メタバース「ZEPETO」、LINEブロックチェーン活用し「NFT Studio」でNFT販売へ、クリスティーズとOpenSea、共同でNFTオークション実施へ、バイナンス、NFTゲームプラットフォームの「VulcanForged PYR(PYR)」を上場へ、ビットバンク、チェーンリンク(LINK)上場へ、日本取引所グループが新会社「JPX総研」設立へ、ブロックチェーンなど環境変化に対応、アニモカブランズ、ゲーマーにウォレット提供の合弁会社設立へ。暗号資産カストディ企業Hex Trustと

メタバース「ZEPETO」、LINEブロックチェーン活用し「NFT Studio」でNFT販売へ

LINEの暗号資産・ブロックチェーン関連事業を展開するLVCが、メタバースプラットフォーム「ゼペット(ZEPETO)」から販売されるNFTの基盤技術に「LINE Blockchain」が採用されたことを11月26日に発表した。なおCryptoGames(クリプトゲームス)運営の「NFT Studio」がこのNFTの販売プラットフォームとなる。

【11/25の話題】米Arcaが約35億円規模NFTファンド、米コインベースのBRD買収など(音声ニュース)

米Arca、約35億円規模NFT特化ファンド立ち上げ、米コインベース、暗号資産ウォレット提供「BRD」を買収へ、Foldと「ポケモンGO」のNianticが提携、AR世界でビットコインが獲得できる「Fold AR」発表、円建て民間デジタル通貨「DCJPY」、22年実用化目指し実証実験へ、GMOコイン、モナコイン(MONA)上場へ、仏サッカー「ASモナコ」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ、地域プロ野球リーグ「九州アジアプロ野球機構」、FiNANCiEでトークン発行