イーサリアム2.0初のアップグレード「アルタイル」、メインネット実装10月27日に

イーサリアム2.0の「アルタイル」実装が10月27日に

イーサリアム2.0のアップグレード「アルタイル(Altair)」が10月27日午前10:56:23(UTC:世界協定時)にメインネットに実装されることが分かった。

「アルタイル」はイーサリアム(Ethereum)2.0ネットワークのフェーズ0である「ビーコンチェーン(Beacon Chain)」における初のアップグレードとなる。

イーサリアム2.0のアップグレードはフェーズ0からフェーズ2.0まで4段階に分けての実施が予定されており、最終的にはプルーフ・オブ・ステーク・コンセンサス(ステーキング)とシャーディング(処理能力を向上する技術)を使用したイーサリアム2.0のチェーン(ビーコンチェーン)にイーサリアム1.0のチェーン(エグゼキューションチェーン)を移行する計画となっている。

イーサリアム財団(Ethereum Foundation)の9月28日の発表によると今回のアップグレードでは、「ライトクライアントへのサポート追加」と「バリデータのインセンティブに関する問題の修正」が行われ、またEIP-2982(改善案)による懲罰的パラメータの導入もされるようだ。なお10月4日には「アルタイル」のより詳細な情報が公開されるとのこと。

8月に開催されたAMAでの、イーサリアム財団のEth2リサーチャーであるアレックス・ストークス(Alex Stokes)氏の発言によると、「アルタイル」後は1.0のチェーンと2.0のチェーンを統合する「The Marge」のプロセスに集中をすると説明されている。

関連ニュース

業界有識者が語る「イーサリアム2.0」始動への見解(ハドソン・ジェイムソン/平野淳也/鈴木雄大/中村龍矢)

【動画解説】イーサリアム2.0とは?(techtec代表 田上智裕氏)

参考:イーサリアム財団
デザイン:一本寿和
images:iStocks/SiberianArt・artacet

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した