業界有識者が語る「イーサリアム2.0」始動への見解(ハドソン・ジェイムソン/平野淳也/鈴木雄大/中村龍矢)

「イーサリアム2.0」始動

イーサリアム(Ethereum)2.0ネットワークの0フェーズであるビーコンチェーン(Beacon Chain)が12月1日12時00分(UTC)にジェネシスブロックが生成されローンチした。

このビーコンチェーンのローンチにより、今後イーサリアム(ETH)保有者はステーキングすることで、ステーキング報酬を得ることが可能となる。また、事前にデポジットコントラクトへ約522億円(5億ドル)以上のETHをロックしていた初期入金者も報酬を得られるようになった。

イーサリアム2.0の始動という歴史的な局面に際して、「あたらしい経済」はイーサリアム財団のコミュニティーマネージャーを務めるハドソン・ジェイムソン(Hudson Jameson)、HashHub CEOの平野淳也氏、Defiリサーチャーの鈴木雄大氏、LayerX執行役員兼LayerX Labs所長の中村龍矢氏を取材した。

イーサリアム財団 ハドソン・ジェイムソン氏への取材

−簡単にイーサリアム2.0とは何かを説明していただけますか?

イーサリアム2.0は、イーサリアム1.0のチェーンを、プルーフ・オブ・ステーク・コンセンサス(誰もが自分のETHを「ステーク」に置き、仮想マイナーを作成し、交代でトランザクションの検証を行う)とシャーディング(ブロックチェーンをスケーリングし、毎秒多くのトランザクションを生成する能力を持つ独自の方法)を使用したプラットフォームにアップグレードするための複数年のプロセスです。

これは新しいチェーンではなく、元々のチェーンに改良を重ねたもので、採用に大きく貢献します。

−ETH所有者はどのようなことを期待してコミュニティへ関わるべきでしょうか?

イーサリアム2.0のビーコンチェーンの立ち上げは、「フェーズ0」の始まりを表しています。イーサリアム2.0はいくつかのフェーズで構成されており、最初のフェーズ(フェーズ0)では、現在のイーサリアムの利用方法にほとんど変化はありません。

今後のフェーズでは、ブロックチェーンのシャーディングのようなものが導入され、ユーザーにとってより良い意味での顕著な変化となるでしょう。

HashHub CEO 平野淳也氏への取材

−イーサリアム2.0へ移行したことで、ETH所有者はどのようなことを期待してコミュニティへ関わるべきだと考えていますか?

イーサリアムはワールドコンピュータです。 誰もがリアルタイムで共有出来るプログラム実行環境がある世界観では様々な新しいサービスを事業者や開発者が作ることができ、イーサリアム2.0のBeacon Chainの公開はその世界観を実現するための重要なマイルストーンです。

そして、その基盤を支えるのはETHを保有する世界各地のステークホルダーであり、ETHをステークするだけでそのネットワークに貢献できます。

誰もが、新しい経済圏や新しい時代のソフトウェア基盤を支える参加者になれます。

DeFiリサーチャー鈴木雄大氏への取材

−イーサリアム2.0へ移行したことで、ETH所有者はどのようなことを期待してコミュニティへ関わるべきだと考えていますか?

ETHホルダーは今後コミュニティにより深く自発的に関わっていくことが何より重要になってくると感じています。コミュニティは概念的なものと解釈されがちですが、実際にはそこに多くのヒトがいます。

先に開発をリードしてくれたエンジニア、良い基礎研究をしてくれたリサーチャー、またそれらのバランスを取って使いやすくプロダクトに落とした企業、後続の人が続くように資料をまとめてくれたヒト。誰でもコミュニティに入って各々の貢献の仕方で参加していくことができ、意見を言うことができます。

それは裏を返せば、まだ決まりきっていないETH2.0の開発計画を一緒に乗り越えていけるということになります。そうして多くの方がより身近に参加するようになると、よりイーサリアムのコミュニティは強固になっていくと感じています。

LayerX執行役員兼LayerX Labs所長 中村龍矢氏への取材

−イーサリアム2.0への移行は、ブロックチェーン企業や開発者にとって、具体的にどのような影響があるとお考えでしょうか?

今回ローンチされたのはBeacon chainだけで、これが直ちにユースケース・アプリケーションに影響を与えることはありません。

Beacon chainは将来的にシャーディングが導入された時に全体を管理するような役割で、まずはこのBeacon chainのPoSのセキュリティの検証がポイントです。

一方、今後シャーディングが導入され、一般ユーザーが使えるようになれば、セキュリティ、スケーラビリティの面でEth1だとできなかったアプリケーションが実現できると思います。

パブリックチェーン上のアプリケーションは強い相互運用性があるため、より多くのアプリケーションが乗ることで強いネットワーク効果が生まれるので、数十倍、数百倍のスケーラビリティの改善が、ユーザー視点では数千倍数万倍のインパクトになりうると思います。

−LayerX社の中村氏として、イーサリアム2.0にどのように関わっていく予定でしょうか。また何を期待していますでしょうか?

弊社の研究開発組織LayerX Labsでは、研究テーマのうち一つとしてイーサリアム2.0に取り組んでいます。

具体的には、最初に導入されるシャーディングは、データシャーディングと呼ばれる形で、EVMのような実行環境のない、単にデータを載せるだけのシャードとなり(Rollupと組み合わせて使う、元々Phase 1と呼ばれていたもの)、アプリケーションの作り方が大きく変わるのですが、その時のセキュリティ、ユーザービリティを向上させる仕組みを研究開発しています。

また、私はIPAの未踏人材発掘事業でも、Shargri-Laと言うプロジェクトに取り組んでおり、ここでもシャーディングにおけるユーザー行動の変化などを研究しています。

取材:竹田匡宏(あたらしい経済)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

東海東京フィナンシャルらがデジタル証券取引所運営のICHXへ約10億円出資、深圳市がデジタル人民元の3度目のテスト計画、NEM流出事件31人検挙などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

東海東京FHDが率いるコンソーシアムが、シンガポールのデジタル証券取引所運営のICHXへ約10億4,000万円出資、中国深圳市がデジタル人民元の3度目のテストを計画(発行額:約3億2,000万円)、コインチェック仮想通貨ネム(NEM/XEM)流出事件、31人を検挙、マネックスグループがESG金融事業開始を発表、ロシア大手銀行スベルバンクが独自デジタル通貨発行に向け中央銀行に申請、ロシア地方裁がバイナンス(Binance)のウェブサイトのブロック解除決定

東海東京FHDが率いるコンソーシアムが、シンガポールのデジタル証券取引所運営のICHXへ約10億4,000万円出資

東海東京フィナンシャル・ホールディングス(東海東京FHD)株式会社のシンガポール現地法人の東海東京グローバル・インベストメンツは、シンガポールのデジタル証券取引所であるiSTOXを運営するICHX Tech(ICHX社)のシリーズAの延長として、シリーズA2に参加したことを1月21日に発表した。

コインチェック仮想通貨ネム(NEM/XEM)流出事件、31人を検挙

2018年に発生した暗号資産(仮想通貨)ネム(XEM)が暗号資産取引所コインチェックから流出した一連の事件において、ネムの不正な交換に応じたとみられる31人が警視庁により組織犯罪処罰法違反(犯罪収益収受)容疑で逮捕や書類送検されたことが、1月22日共同通信など報道各社が報じた

ロシア地方裁がバイナンス(Binance)のウェブサイトのブロック解除決定

ロシアの地方裁判所が、ロシア地域において大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)のウェブサイトがブロックされている件について、バイナンスの訴えを受け、そのブロックを取り消すことを1月20日に決定した。このことをロシア現地メディアが21日報じた

ブラックロックがビットコイン投資へ、フランス銀行が中銀デジタル通貨実験成功、湘南ベルマーレにて国内初のクラブトークン発行などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米アセマネ大手ブラックロックが一部ファンドでビットコイン投資へ、タイ証券取引所が2021年後半にデジタル資産取引プラットフォームをローンチか、フランス銀行が中央銀行デジタル通貨実験にて200万ユーロ(約2億5,000万円)の決済に成功、国内初、FiNANCiEが湘南ベルマーレにてプロサッカークラブトークンを発行(フィナンシェ田中隆一CEOインタビュー掲載)、日本銀行が来年春に中央銀行デジタル通貨実証実験の第二段階開始か、次世代分散型ブラウザBrave(ブレイブ)にIPFSプロトコルのサポート追加

国内初、FiNANCiEが湘南ベルマーレにてプロサッカークラブトークンを発行(フィナンシェ田中隆一CEOインタビュー掲載)

株式会社フィナンシェが、同社提供のブロックチェーン技術を利用した次世代クラウドファンディングサービス「FiNANCiE(フィナンシェ)」において、プロサッカーチーム「湘南ベルマーレ」のプロサッカークラブトークンの発行を1月21日発表した。なおクラブトークンの発行は今回の湘南ベルマーレとフィナンシェにおけるプロジェクトがプロサッカーチーム国内初の事例となる