ハッシュパレット、IOST財団と戦略パートナーシップ締結

ハッシュパレットとIOSTが戦略パートナーシップ

ブロックチェーン「パレット(Palette)」の開発を行う株式会社Hashpalette(ハッシュパレット)とIOST財団(INTERNET OF SERVICES FOUNDATION LTD.)が、戦略的パートナーシップを締結したことが9月28日発表された。

今回の提携により、両社は共同でコンテンツ獲得の強化および、将来的にお互いのブロックチェーンを接続し取引できるようにクロスチェーン対応への検討も進めていくとのことだ。

ハッシュパレットの「パレット」はNFTを発行・管理・流通するためのブロックチェーンネットワークとして開発され、8月17日にメインネットをローンチしている。パレットではコンセンサスノードがステーキングの仕組みに基づいてネットワークを運用するコンソーシアム型のブロックチェーンとなっており、コンセンサスノードは「パレットコンソーシアム」を構成し、パレットに対するガバナンスを行うとされている。

パレットのコンソーシアムには今回のハッシュパレットと提携したIOSTを始め、NEOやONTologyなどの暗号資産(仮想通貨)プロジェクトや暗号資産取引所のコインチェックやOKCOIN JAPAN、Huobiなど複数のプロジェクトや企業がテストネットフェーズより参加している。

なおパレットのネイティブトークンである「パレットトークン(Palette Token/PLT)」は国内で初めてとなるIEO(Initial Exchange Offering)を「Coincheck IEO」にて7月に実施し、現在コインチェック取引所で取り扱いされている。

関連ニュース

パレットトークン(PLT)、コインチェックでレンディング可能に。また公式ウォレットでのステーキングも開始

【徹底取材】前澤友作氏から資金調達、パレットトークン(PLT)今後の展開は?(HashPort 吉田世博氏)

HashPortが経営管理体制を強化、社外取締役にARIGATO BANK白石氏、監査役に染原氏、取締役CFOに海保氏

コインチェック、日本初のIEO銘柄「パレットトークン(PLT)」取扱い開始。一時10倍以上の価格高騰

参考:Hashpalette
デザイン:一本寿和
images:iStocks/pgraphis

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【取材】JCBとDatachain、ステーブルコインなどデジタル通貨相互交換に向け実証開始

JCBとDatachain(データチェーン)が「デジタル通貨交換基盤」構築を見据え、異種ブロックチェーン間のインターオペラビリティ(相互運用性)に関する実証実験を開始したことが12月9日に分かった。両社は8月に異種分散型台帳間の相互接続についての共同研究を始めており、実証実験はその次の段階だと考えられる。

【12/8の話題】ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、人気ゲーム「ゴーストリコン」がNFTなど(音声ニュース)

ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、ジャックドーシー人形も登場、UBISOFT、人気ゲーム「ゴーストリコン」にNFT採用。テゾス(XTZ)でNFTプラットフォームをローンチ、FTX、不動産を暗号資産で購入する機会提供。マイアミ市で開始、VisaやAmexら、暗号資産不正利用やマネロン対策ツール提供「TRM」に出資、【取材】DNP、ブロックチェーン活用で「n次創作物」販売に向けた実証実験開始、フィデリティとネクソが提携し、機関投資家向けサービス展開へ、バイナンス、機関投資家向け暗号資産カストディサービス提供開始、JFL所属プロサッカークラブ「FC大阪」、FiNANCiEでクラブトークン発行

Sponsored