ハッシュパレット、IOST財団と戦略パートナーシップ締結

ハッシュパレットとIOSTが戦略パートナーシップ

ブロックチェーン「パレット(Palette)」の開発を行う株式会社Hashpalette(ハッシュパレット)とIOST財団(INTERNET OF SERVICES FOUNDATION LTD.)が、戦略的パートナーシップを締結したことが9月28日発表された。

今回の提携により、両社は共同でコンテンツ獲得の強化および、将来的にお互いのブロックチェーンを接続し取引できるようにクロスチェーン対応への検討も進めていくとのことだ。

ハッシュパレットの「パレット」はNFTを発行・管理・流通するためのブロックチェーンネットワークとして開発され、8月17日にメインネットをローンチしている。パレットではコンセンサスノードがステーキングの仕組みに基づいてネットワークを運用するコンソーシアム型のブロックチェーンとなっており、コンセンサスノードは「パレットコンソーシアム」を構成し、パレットに対するガバナンスを行うとされている。

パレットのコンソーシアムには今回のハッシュパレットと提携したIOSTを始め、NEOやONTologyなどの暗号資産(仮想通貨)プロジェクトや暗号資産取引所のコインチェックやOKCOIN JAPAN、Huobiなど複数のプロジェクトや企業がテストネットフェーズより参加している。

なおパレットのネイティブトークンである「パレットトークン(Palette Token/PLT)」は国内で初めてとなるIEO(Initial Exchange Offering)を「Coincheck IEO」にて7月に実施し、現在コインチェック取引所で取り扱いされている。

関連ニュース

パレットトークン(PLT)、コインチェックでレンディング可能に。また公式ウォレットでのステーキングも開始

【徹底取材】前澤友作氏から資金調達、パレットトークン(PLT)今後の展開は?(HashPort 吉田世博氏)

HashPortが経営管理体制を強化、社外取締役にARIGATO BANK白石氏、監査役に染原氏、取締役CFOに海保氏

コインチェック、日本初のIEO銘柄「パレットトークン(PLT)」取扱い開始。一時10倍以上の価格高騰

参考:Hashpalette
デザイン:一本寿和
images:iStocks/pgraphis

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【12/5話題】博報堂とステイクが博報堂キースリー新設、ギャラクシーデジタルがカストディのGK8買収など(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ハッカソン企画・運営「博報堂キースリー」新設、ギャラクシーデジタル、カストディ企業GK8買収、みずほリサーチ&テクノロジーズとSBI R3 Japan、Datachainとクロスチェーン技術で連携開始、アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート、オーケーコインジャパンがパレット(PLT)ステーキングサービス提供へ、バイナンスにweb3学習PFの「Hooked Protocol(HOOK)」がIEOで上場、イタリア、暗号資産への課税強化。税率26%へ=報道、ニア財団、南米大手食品加工「グルポ・ヌトレサ」と提携、体操界新時代エース「堀川倫太郎」、FiNANCiEでトークン発行、3×3バスケ「信州松本ダイナブラックス」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored