カナダ初、イボルブファンズが複数暗号資産の価格連動型ETF販売

カナダで複数暗号資産連動型のETF販売開始

カナダの資産運用会社であるイボルブファンズグループ(Evolve Funds Group Inc. )が、ビットコインとイーサリアムのETF(上場投資信託)に連動する「Evolve Cryptocurrencies ETF」の販売開始を9月29日発表した。

このETFは、イボルブファンズ提供のビットコインETF「Evolve Bitcoin ETF(EBIT)」とイーサリアムETF「Ether ETF(ETHR)」に投資が行われ、それぞれの時価総額の比重をもとに毎月の投資割合を調整するとのこと。

なおカナダにおいて複数の暗号資産の価格に連動する形のETF(multi-cryptocurrency ETF)の販売は初の事例になる。

「Evolve Cryptocurrencies ETF」は発表同日よりカナダ最大の取引所であるトロント証券取引所(TSX)に上場。ティッカーシンボルをカナダドル建てで「ETC」、米ドル建てで「ETC.U」にて取引が開始されている。

なおイボルブファンズが提供のビットコインETF「Evolve Bitcoin ETF(EBIT)」は今年の2月にカナダで2番目に承認された。またイーサリアムETF「Ether ETF(ETHR)」はCIグローバルアセットマネジメント(CI Global Asset Management:CI GAM)、パーパス・インベストメンツ(Purpose Investments Inc)と共に今年4月に承認されたものだ。

関連ニュース

カナダで2件目、Evolve FundsがイーサリアムETFの目論見書を規制当局へ提出 

カナダにて初のイーサリアムETFが3件承認

参考:リリース
デザイン:一本寿和
images:iStocks/LongQuattro・NanoStockk

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【8/18話題】Phantomの新機能Burn NFT、Fractionalが約27億円調達とTesseraに名称変更など(音声ニュース)

ソラナのウォレットPhantomが新機能「Burn NFT」、スパムNFTバーンでSOL取得も、NFT分散所有の「Fractional」、約27億円調達と「Tessera」に名称変更、世界銀行グループ、炭素クレジットファンド設立へ、取引プラットフォーム構築も、FRB理事、デジタルドルに消極姿勢、クリプトドットコム、英国で暗号資産事業者の認可取得、コイントレード、ポルカドット(DOT)上場、FTXグローバル、ソラナDEXの「Orca(ORCA)」上場へ、eToro、米投資プラットフォームGatsby買収へ、欧州中央銀行、銀行への暗号資産規制を緩和か、オーストラリアで個人投資家向けビットコイン現物ETF提供へ、福岡市主催「学校では教えてくれないWeb3の可能性」8/27開催、オンライン配信も(渡辺創太/紫竹佑騎/設楽悠介)

Sponsored

eToro、米投資プラットフォームGatsby買収へ

株式や暗号資産などの投資プラットフォームを提供するイートロ(eToro)が、米国の株式などのオプション取引プラットフォームであるギャツビー(Gatsby)を買収するための契約を締結したことを8月17日に発表した。ギャツビーは2018年に設立され、米国の若年層向けに手数料無料で株式のオプション取引ができるアプリを提供してきた。