ツイッター投げ銭機能が、ビットコインとイーサリアムアドレスに対応か

ツイッター投げ銭機能が、ビットコインとイーサリアムアドレスに対応か

エンジニアのアレッサンドロ・パルーシ(Alessandro Paluzzi)氏が、ツイッターの投げ銭機能であるチップ・ジャー(Tip Jar)でビットコインとイーサリアムのアドレスを追加できるようになるという情報をツイッターに投稿しリークした。

そのリーク画像では、チップ・ジャーの支払い方法選択画面にてCash AppやPayPalなどの送金サービスと並んで、ビットコインアドレスとイーサリアムアドレスが選択できるようになっている。

パルーシ氏は9月1日にも同様のリークを行っており、投げ銭をビットコインで受け取る方法について説明が書かれた画像を投稿している。さらに、この投稿に対してツイッター社のプロダクトリードであるカイヴォン・ベイクプール(Kayvon Beykpour)氏は引用リツイートでライトニングネットワークを想像させる稲妻マークと、矢印と「SOON」の絵文字をコメントしている。

9月1日時点の情報ではビットコインでの受け取りにビットコインウォレットであるストライク(Strike)のアカウントが必須と考えられていたが、今回の投稿によるとビットコインのアドレスを登録する際にストライクのアカウントは必須ではないと推測できる。

ツイッター社のCEOであるジャック・ドーシー(Jack Dorsey)氏は今年7月に行われた収支説明会にてビットコインの重要性を指摘し、チップ・ジャーなどの機能にビットコインを導入することを示唆していた。

参考:アレッサンドロ・パルーシ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Lidiia-Moor

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【6/18話題】テザーゴールド裏付けの米ドルステーブルコインaUSDT、SNPITのSNPTがGate. ioとMEXCに上場へなど

テザー社、金裏付けの米ドルステーブルコイン「aUSDT」発表、オーストラリア証券取引所、VanEckの「ビットコイン現物ETF」取扱へ、Doodlesのアバター作成プラットフォーム「stoodio」、イーサL2「Base」に移行へ、日本発Snap to Earn「SNPIT」のトークン「SNPT」、Gate. ioとMEXCに上場へ、アニモカジャパン、NFTローンチパッド「SORAH」提供開始、バイナンスにZKsync(ZK)上場へ、ユニスワップ、イーサリアムL2「ZKsync」で稼働開始、台湾、暗号資産業界の自主規制団体「台湾暗号資産ビジネス協会」を正式始動、ビットコインL2「スタックス(STX)」、ブロック生成で約9時間の遅延発生、金融庁、無登録運営で「LBank Exchange」に警告、インターネットコンピューターの支援団体「ICP Japan」発足、ローンチイベント6/29開催

Sponsored