イーサリアムのステーキングサービス一部地域対応へ、米コインベース

イーサリアムのステーキングサービス一部地域対応へ

暗号資産取引所コインベース(Coinbase)が、イーサリアム2.0のステーキングサービスの提供を一部地域で開始することを9月3日に発表した。

今回ステーキングサービスの対象となる地域はイギリスをはじめとするヨーロッパ諸国であり、対象の地域のユーザーは現在ウェイティングリストに登録できるとのことだ。

プレスリリースによると、これまで個人でイーサリアム2.0へステーキングをするためには最低32ETH(約1,280万円)と、ブロックチェーンに関する知識や技術が必要だったが、同社がステーキングサービスを提供しユーザーに課される要件を緩和することで、ステーキングをより簡単に、よりアクセスしやすいものにするとのことだ。

コインベースのヨーロッパ地域のゼネラルマネージャーであるマーカス・ヒューズ(Marcus Hughes)氏は以下のようにコメントしている。

「ここ数カ月、イーサリアムを購入する顧客が急増しているため、この資産のステーキングリワードを提供できることを嬉しく思います。個別に行うには非常に複雑なステーキングを簡素化することで、クリプトエコノミーの重要な部分へのアクセスを拡大する役割を果たせると考えています」

なおコインベースが提供するステーキングサービスでは最大で年利5%を報酬として得られるとのことだ。

参考:Finextra
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない