ニュース

ニュースカテゴリに紐づく記事の一覧です

NFTプラットフォーム「ラリブル(Rarible)」約15.8億円調達、FLOWとの連携も

NFTプラットフォームであるラリブル(Rarible)が約15.8億円(1,420万ドル)の資金調達を行ったことを6月24日に発表した。今回の資金調達はヴェンロック・キャピタル(Venrock Capital)、ゼロワン・アドバイザーズ(01 Advisors)、コインファンド(CoinFund)の3社によって行われたとのことだ。

韓国政府が1,000万人規模のブロックチェーン基盤の投票システムを実証予定、DID活用も計画

韓国科学技術省が韓国インターネット・セキュリティ庁と共同で、オンライン投票におけるブロックチェーン技術の利用促進する意向を示したと6月23日にLedgerinsihtsが報じた。両省は寄付、社会福祉、再生可能エネルギー、郵便サービスなどにもブロックチェーンソリューションの適用させていく方針のようだ。

米国下院、2つのブロックチェーン関連法案可決

米国下院が「消費者安全技術法(H.R.3723 Consumer Safety Technology Act)」を可決したことを6月22日に発表した。「消費者安全技術法」には「1.人工知能および消費者製品安全法(Artificial intelligence and consumer product safety act)、2.ブロックチェーンイノベーション法(Blockchain technology innovation act)、3.デジタルトークン分類法(Digital token taxonomy act)」の3項目が含まれている。

BarnBridge(BOND)、 Livepeer(LPT)、Quant(QNT)、コインベースプロに上場

米暗号資産(仮想通貨)取引所Coinbase(コインベース)が、同社が提供する個人トレーダー向けプラットフォームCoinbase Pro(コインベースプロ)にて、暗号資産BarnBridge:バーンブリッジ(BOND:ボンド)、 Livepeer:ライブピアー(LPT)、Quant:クオンツ(QNT)の3銘柄を新たに上場したことを6月24日発表した

【6/23の話題】アリババNFT事業開始か、エルサルバドルの野党がBTC法案に違憲訴訟など(音声ニュース)

アリババ、NFT事業開始か、エルサルバドルの野党、ビットコイン法定通貨の法案を訴訟、ブロックチェーンキャピタルが新ファンドで約330億円調達、VisaやPaypalらから、サザビーズのダイヤモンドオークション、ビットコインやイーサ決済受入、ビットマイニング、中国からカザフスタンに一部マイニングマシン移転、DeFiネットワークのカルラ(Karura)、クサマのパラチェーン接続枠を獲得、米デジタル資産銀行WDT、ワイオミング州銀行局から銀行免許取得、DCG、子会社グレースケールのイーサリアムクラシック投信株式を約55億円相当購入へ、人気ラッパーJay-ZのNFTが販売中止、レコード会社の法的申し立て受け、ブレイブがプライバシー志向の独自検索エンジンのベータ版リリース、NFTサッカーゲームSorare、ドイツ代表の選手カード発行

DCG、子会社グレースケールのイーサリアムクラシック投信株式を約55億円相当購入へ

米暗号資産(仮想通貨)系ベンチャーキャピタルであるデジタル・カレンシー・グループ(DCG)が、同社の子会社である暗号資産運用会社グレースケール(Grayscale)の金融商品であるGrayscale Ethereum Classic Trust(グレースケール・イーサリアムクラシック・トラスト:ETCG)の購入を行う計画であることを6月21日発表した

ブロックチェーンキャピタルが新ファンドで約330億円調達、VisaやPaypalらから

ブロックチェーン技術と暗号資産のエコシステムに特化したベンチャーキャピタルであるブロックチェーン・キャピタル(Blockchain Capital)が、新たにBlockchain Capital Vを組成して資金調達を完了したことを6月22日に発表した。Fund Vの投資家であるPayPalやVisaはブロックチェーン・キャピタルの戦略的パートナーシッププログラムに参加もするとのことだ。 

【6/22の話題】セキュリタイズが資金調達、中国金融機関で暗号資産全面禁止の意向など(音声ニュース)

デジタル証券企業セキュリタイズ、NTTデータや三井住友信託銀行らから約52億円を調達、中国人民銀行、金融機関での暗号資産取引を全面禁止の意向、丸紅、日本郵船らの船員向け電子通貨プラットフォーム事業へ出資参画、総保有数10万BTC超える、マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、カナダ規制当局、取引所バイビットの証券法違反指摘、ブロックチェーンでオリーブオイルの品質保証、伊ピエトロ・コリチェリが「IBM Food Trust」採用

ブロックチェーンでオリーブオイルの品質保証、伊ピエトロ・コリチェリが「IBM Food Trust」採用

世界で最も流通しているオリーブオイルブランドであるイタリアのピエトロ・コリチェリ(Pietro Coricelli)が、米IBMの食品トレーサビリティプラットフォームである「IBM Food Trust」に参加し、ブロックチェーン技術によってエキストラバージンオリーブオイルのサプライチェーン追跡を行うことを6月21日発表した。