ニュース

ニュースカテゴリに紐づく記事の一覧です

【1/14の話題】ディーカレット事業撤退の報道否定、IOSTステーキングサービス開始日決定など(音声ニュース)

ディーカレットが暗号資産交換事業撤退を否定「現時点で最終的な機関決定はなされてない」、オーケーコインジャパン、IOSTステーキングサービス開始日決定、スイスSEBA銀行、シリーズCで約138億円の資金調達、SYNQAのOPN、アートNFTマーケットプレイス「1b1NFTギャラリー」ローンチ、Visaがコンセンシスと中銀デジタル通貨インフラ開発、Quorumで、大英博物館、J.M.W.ターナーの絵画をNFTで販売へ

Sponsored

【1/13の話題】米国銀行らがUSDF発行に向けコンソーシアム設立、アスターにDEX「Arthswap」など(音声ニュース)

米国銀行ら、ステーブルコイン「USDF」発行に向けコンソーシアム設立、ジャックドーシーら、ビットコイン開発者を訴訟から守るファンド設立か、ステイクのアスター(ASTR)上に、ネイティブDEX「Arthswap」がローンチへ、コインベースがFairX買収、米国でデリバティブ取引提供に向け、米コインベースプロにInverse Finance(INV)、Liquity(LQTY)、Polyswarm(NCT)、Propy(PRO)上場へ、GAPがNFTコレクション販売へ、ブロックチェーンはテゾス(XTZ)採用、浦和レッズ、ファン向けNFTコンテンツ販売へ。ミンカブと提携で

Sponsored

米コインベースプロにInverse Finance(INV)、Liquity(LQTY)、Polyswarm(NCT)、Propy(PRO)上場へ

米ナスダック上場の暗号資産(仮想通貨)取引所Coinbase(コインベース)が、同社提供の個人トレーダー向けプラットフォームCoinbase Pro(コインベースプロ)にて、新たに4銘柄の暗号資産を上場することが1月13日分かった。なおコインベースプロでは12日にゴールドフィンチ・プロトコル:Goldfinch Protocol(GFI)の上場を発表したばかりだ。

【1/12の話題】シタデルが11.5億ドル調達、クラーケンJPがOMG・LINK・BAT取扱開始など(音声ニュース)

シタデル・セキュリティーズ、暗号資産VCパラダイムやセコイアから11.5億ドル調達、【取材】クラーケンジャパン、OMG・LINK・BATを取扱開始、LinksDAOがインドアゴルフ施設Five Iron Golfと提携、NFT保有者にインセンティブ、NFTマーケットプレイス「LooksRare」稼働、OpenSeaへヴァンパイア・アタック、FTX、NFTマーケットプレイス「LooksRare(LOOKS)」上場、米コインベースプロ、Goldfinch Protocol(GFI)上場へ、バイナンス、ブロックチェーンゲーム「League of Kingdoms」のトークンIEOへ、バイナンス、ポルカドットパラチェーンの「ムーンビーム (GLMR)」上場、クラーケングローバル、ポルカドットパラチェーンの「ムーンビーム (GLMR)」上場、伊セリエA、チリーズ「Socios. com」と提携、ヘネシー、ブランデー限定ボトルと紐付けたNFT販売、FUELHASH、3.1億円の資金調達。再エネ活用のマイニングに向け、サイアム商業銀行グループのSCB10X、SBIシンガポール子会社へ出資

Sponsored

シタデル・セキュリティーズ、暗号資産VCパラダイムやセコイアから11.5億ドル調達

世界有数のマーケットメーカーであるシタデル・セキュリティーズ(Citadel Securities)が、ベンチャーキャピタル(VC)のセコイア(Sequia)と暗号資産関連VCのパラダイム(Paradigm)から、約1,320億円(11億5,000万ドル)の資金調達を行なったことが1月11日に分かった。企業評価額は約2.5兆円(220億ドル)となった。

【1/11の話題】AP通信がフォトNFTマーケットプレイス、NFTの21年売上は250億ドルなど(音声ニュース)

AP通信がフォトNFTマーケットプレイス提供へ、Polygon採用、NFTの2021年売上は250億ドル、ただ成長は鈍化か、下落要因は? ビットコイン価格が昨年9月以来の低水準に、バイナンスに、アルケミーペイ(ACH)とイミュータブルX(IMX)上場、バイナンス、アフリカ最大のサッカー大会「AFCON 2021」とスポンサー契約、シンボル(XYM)、フォビジャパンで上場へ

Sponsored

NFTマーケットプレイス「LooksRare」稼働、OpenSeaへヴァンパイア・アタック

NFTマーケットプレイスのルックスレアー(LooksRare)が1月10日に正式稼働した。ルックスレアーはコミュニティドリブンでマーケットプレイスを運営することを特徴としており、具体的にユーザーの要望をもとに新機能を開発する方針を発表している。大手マーケットプレイスのオープンシー「OpenSea」のように、イーサリアムブロックチェーン上のすべてのNFTコレクションをインデックス化し取引できるプラットフォームだ。なおルックスレアーのマーケットプレイスの手数料は2%であり、オープンシーの2.5%より0.5%安い設定になっている。