ブラックロックがイーサリアム現物ETF申請、デラウェア州で事業体申請も

NASDAQの提出書類で明らかに

米資産運用会社ブラックロック(BlackRock)が、米証券取引委員会(SEC)にイーサリアム現物ETF(上場投資信託)に関する申請書を11月7日提出した。米ナスダック(NASDAQ)による提出書類で明らかとなった。

ナスダックにより提出された書類「19b-4フォーム」によれば、申請されたETFは「iシェアーズ・イーサリアム・トラスト(iShares Ethereum Trust)」。ブラックロックは同ETFの米国での上場を目指している。同ETFのカストディアンはコインベース・カストディ・トラスト・カンパニー(Coinbase Custody Trust Company)だ。

また同ETFは、シカゴ・マーカンタイル取引所グループ(CME Group)のETH・ドル基準レート(CME CF Ether-Dollar Reference Rate -New York Variant)を使用するとのこと。

提出書類では、シカゴ・マーカンタイル取引所グループのETH先物の価格は、ETHの現物価格に密接に一致していると述べられている。

またナスダックは書類にて、SECがETH先物のETFを承認していることに言及。

「SECはETH先物へのエクスポージャーを提供するETFを承認しており、そのETFはETHの原資産である現物市場に基づいて価格が決定されることから、SECは信託のようにETHの現物へのエクスポージャーを提供するETPも承認しなければならないとブラックロックは考えている」と述べられている。

デラウェア州で事業体申請も

11月9日には、ブラックロックがデラウェア州企業局のウェブサイトに「iシェアーズ・イーサリアム・トラスト」の事業体を申請したことが各社に報じられた。

この報道を受けイーサリアムの価格は上昇。記事執筆時点の24時間比で約10%上昇しており、約2116ドル(約32.7万円)の値を付けている(11月10日11:30 コインマーケットキャップ調べ)。

ブラックロックは現在、現物ビットコイン(BTC)のETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト(iShares Bitcoin Trust)」もSECへ申請中だ。

10月16日には同ETFがSECより承認を受けたとの米暗号資産メディアのコインテレグラフ(Cointelegraph)の誤報により、BTCの価格が一時急騰。その後ブラックロックが報道を否定したため、BTCは急騰以前の価格に戻した。

ブラックロックなど数社が米国で申請中の現物ビットコインETFが承認されるという憶測などにより、この8か月間でBTC価格は最大の上昇を見せている。記事執筆時点でのBTCの価格は約36,746ドル(約555.8万円)だ(11月10日11:30 コインマーケットキャップ調べ)。

関連ニュース

参考:提出書類
images:Reuters

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored