ブラックロックのビットコイン現物ETF「IBTC」、DTCCリストから削除

DTCCから現物ビットコインETFの掲載消える

10月24日のビットコイン(BTC)価格上昇の一因になったと思われる、現物ビットコインETF(上場投資信託)が米証券保管振替機関(DTCC)に掲載された件について、同ETFがDTCCのウェブサイトから削除された。

掲載されていたETFは投資大手ブラックロック(BlackRock)が米証券取引委員会(SEC)に申請中の「アイシェアーズ・ビットコイン・トラスト(iShares Bitcoin Trust)」。ティッカーシンボル「IBTC」としてDTCCのウェブサイトにあるETF一覧に掲載されていた。

この件の第一報をX(旧ツイッター)にて投稿したブルームバーグのアナリスト、エリック・バルチュナス(Eric Balchunas)氏はETFが削除されたことについて、SECから掲載を待つよう指示があったのではないかと推測をしている。

BTC価格は昨日24日、2022年5月以来となる35,198ドルを付けた。記事執筆時点において同価格は34,194ドルとなっている(10/25 7:00コインマーケットキャップ調べ)。

現在、ブラックロックをはじめとした数社が米国でビットコイン現物ETFを申請中だ。先週ブラックロックの現物ビットコインETFがSECから承認されたという誤報があり、その際にもBTC価格は急騰していた。

※2023.10.25追記

その後DTCCのリストにブラックロックの「IBTC」が再掲載されました。詳細はこちらの記事でご確認ください。

「ブラックロックの現物ビットコインETFがDTCCに再掲載、追加していたのは8月」

関連ニュース

参考:DTCC
デザイン:一本寿和
images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

コスモス開発会社オールインビッツ、ガバナンス専用チェーン「GovGen」立ち上げとコスモスのフォークチェーン発表

コスモス(Cosmos)エコシステムの開発会社オールインビッツ(All in Bits)が、ガバナンス専用チェーン「ガバジェン(GovGen)」立ち上げを2月24日発表した。また同社は同日、コスモス(Cosmos)エコシステムの中心となるブロックチェーン「コスモスハブ(Cosmos Hub)」からフォークするチェーン「アトムワン(AtomOne)」の立ち上げ予定も発表している