米SECゲンスラー委員長、ビットコインETF申請の審査は「作業中」と述べる

グレイスケール訴訟についてはコメント控える

米証券取引委員会(SEC)のゲイリー・ゲンスラー(Gary Gensler)委員長が、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)上場投資信託(ETF)の審査状況について継続中である旨を明かした。10月18日のブルームバークTVのインタビューにてゲンスラー委員長が発言している。

ブルームバーグの取材のなかで、SECが審査している複数のビットコインETFの審査状況について質問されたゲンスラー委員長は、詳細は語らなかったが、「スタッフは複数のETF提出書類について作業を続けている」と述べた。

ゲンスラー委員長によれば、現在申請が提出されているのは「8件か10件」であり、「(審査を行う)SECの取引・市場部門のスタッフは、ディスクロージャー・レビュー・チームと呼ばれ、そのグループ中で、ETF発行者に対応し、フィードバックを行っている」とのことだ。

またゲンスラー委員長は、暗号資産運用会社グレイスケール・インベストメンツ(Grayscale Investments)に対する訴訟の次の一手についての質問へのコメントは控えた。

また、もし承認された場合、SECは1つのファンドを単独で承認する可能性があるのか、もしくはすべてのファンドを一括して承認する可能性があるのかについても明言を避けている。

10月13日、グレイスケール申請の現物ビットコインETFへの承認拒否を取り消すよう命じられた米控訴裁の判決について、SECは控訴しない構えであることが報じられている。

控訴裁は来週中にも、この訴訟の判決をどのように執行すべきかを明記した命令を出す見込みだ。その命令の中には、グレイスケールの申請を再検討するようSECに指示することも含まれるとみられている。

また10月16日には、米資産運用会社ブラックロック(BlackRock)の現物ビットコインETFが承認されたという誤報を受け、BTCの価格が乱高下した。

関連ニュース

参考:ブルームバーグTV
デザイン:一本寿和

images:iStocks/LongQuattro・Funtap

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した