米サークル、USDCとEURCの「v2.2」リリースへ、初回デプロイはアバランチで

USDCおよびEURCの新バージョンv2.2をリリースへ

ステーブルコイン発行企業の米サークル(Circle Internet Financial)が、米ドルステーブルコイン「USDC」およびユーロステーブルコイン「EURC」におけるスマートコントラクトの新バージョン「v2.2」のリリース予定を11月9日に発表した。

「v2.2」のコードは11月9日から今後数か月にわたってテストが行われ、2024年の1月には対応するすべてのブロックチェーンへのデプロイが完成する予定である。なお初めのテストおよびデプロイは、レイヤー1ブロックチェーンのアバランチ(Avalanche)で行われるとのことだ。

サークルによると、今回発表した新バージョンのスマートコントラクトは、以前のバージョンに比べ6つの変更が行われたという。

これらの変更は、ガス効率の向上とアカウント抽象化(AA:Account Abstraction)のサポート向上、セキュリティの向上を目的として行われたとのこと。

それに加え、ユーロステーブルコインのティッカーシンボルを「EUROC」から「EURC」に変更したことも今回の変更点として紹介されている。

またこのアップグレードは、完全に下位互換性(旧バージョンに戻すことが可能な仕組み)をもっており、既存のコードに対しての重大な変更は行っていないという。さらにアップグレードに関する全てのコードは、ブロックチェーンセキュリティ会社「ハルボーン(Halborn)」によって監査されているとのことだ。

なおコントラクトのアップグレードの際、ダウンタイムなどはなくバックグラウンドで行われるためユーザーは何か操作をする必要はないとのことだ。

11月8日、ブルーバーグが関係者の話としてサークルが2024年初めにIPO(新規公開株)を検討していると報道した。この報道によると現在サークルは、IPOの可能性についてアドバイザーらと審議を進めているが、IPOを実際に進めるかは確実ではないとのことだ。

関連ニュース

参考;サークルブログ
images:iStocks/Максим-Ивасюк・Thinkhubstudio

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【7/24話題】デジタルアセットマーケッツがAva Labsと提携、dYdX開発会社がv3を売却交渉中かなど(音声ニュース)

デジタルアセットマーケッツがアバランチのAva Labsと提携、RWAトークンの発行・流通などで、dYdX、開発会社が前バージョンv3を売却交渉中か=報道、米国で「イーサリアム現物ETF」が取引開始、初日の総取引量は10億ドル超、米大手投資管理会社ハミルトン・レーン、ソラナ上でプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」立ち上げ、バイナンスラボ、TON基盤ゲーム「Catizen」開発のプルートスタジオへ出資、香港、アジア初の「インバース型ビットコインETF」ローンチ

バイナンスラボ、TON基盤ゲーム「Catizen」開発のプルートスタジオへ出資

バイナンスラボがプルートスタジオへ出資 バイナンスラボ(Binance Labs)が、「オープンネットワーク(The Open Network:TON)」基盤のゲーム「キャティゼン(Catizen)」をリリースしたプルートスタジオ(PLUTO Studios)に投資したことを7月24日発表した。 バイナンスラボは、今回プルートスタジオの資金調達ラウンドを主導したとのこと

米大手投資管理会社ハミルトン・レーン、ソラナ上でプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」立ち上げ

9,200億ドル超の運用・管理資産を有する米大手投資管理会社ハミルトン・レーン(Hamilton Lane)が、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「シニア・クレジット・オポチュニティーズ・ファンド(SCOPE)」を立ち上げたと7月23日発表した

米国で「イーサリアム現物ETF」が取引開始、初日の総取引量は10億ドル超

デジタル資産インデックスを提供するCFベンチマークズ(CF Benchmarks)、ビットワイズ・アセット・マネジメント(Bitwise Asset Management)、トレーダーらによると、イーサリアム(ETH)の価格に連動する米国の上場投資信託(ETF)は、7月23日に好調なデビューを飾り、10億7000万ドル相当の株式が取引され

【7/23話題】米SECが「イーサリアム現物ETF」最終承認、海外取引所Gateが日本向けサービス終了へなど(音声ニュース)

米証券取引委員会が「イーサリアム現物ETF」最終承認、23日より取引開始、海外暗号資産取引所Gate .io、日本向けサービス終了へ、ジパングコイン等のRWAトークンをグローバル展開へ、デジタルアセットマーケッツが韓国CREDERと提携、ビットトレード、フォビトークン(HT)取扱い廃止へ、スラッシュ、「Uniswap-Arbitrum Grant Program」から助成金獲得、バイナンスUS、顧客資産を財務省短期証券で運用する承認得る、テレグラム、今月中にミニアプリストアとWeb3用アプリ内ブラウザが導入へ