SBIとSC Ventures、UAEでデジタル資産分野へ投資の合弁会社設立へ

SBIとSC VenturesがUAEで合弁会社設立

SBIホールディングスとSCベンチャーズ(SC Ventures)が提携し、アラブ首長国連邦(UAE)にてデジタル資産分野へ投資する合弁会社を設立することが11月9日発表された。両社は、この合弁会社の資本金を1億ドルにするつもりだという。

SCベンチャーズは、世界的な総合金融グループである英スタンダードチャータード銀行(Standard Chartered Bank)のフィンテック・ベンチャー投資部門だ。

なおこの合弁会社は、ドバイ国際金融センター(DIFC)の管轄において、初のデジタル資産へ投資するジョイントベンチャー(合弁会社)になるという。同合弁会社ではグローバルな投資に重点を置き、シードからシリーズCラウンドの資金調達に至るまでの企業に対し投資を行う予定であるという。

投資対象については、市場インフラ、リスク・コンプライアンス・ツール、DeFi(分散型金融)、トークン化、消費者決済、メタバースなど、デジタル資産全般にわたる企業に注力するとのことだ。

SBIホールディングスの代表取締役社長でる北尾吉孝氏は「この取り組みは、Solv(ソルブ)、Zodia Custody(ゾディアカストディ)、myZoi(マイゾイ)を含むSC Venturesの投資先企業への投資に続き、SBIホールディングスとSC Venturesの戦略的関係をさらに強固なものにするものである(一部略)」とコメントしている。

なおSolvは、インド、ケニアにおいてMSME(中小零細企業)向けB2B ECマーケットプレイス&レンディングプラットフォームを運営する企業。またmyZoiは、UAEのデジタルバンキングサービス提供企業。正式名称をフィナンシャルインクルージョンテクノロジーズ(Financial Inclusion Technologies)としている。そしてZodia Custodyは、機関投資家向けに暗号資産のカストディサービスを提供する企業だ。

なおSBIホールディングスとSCベンチャーズは、昨年5月に業務提携していた。これにより両社は、投資先の情報共有及び連携や地理的な協力関係によるマーケットの相互拡大、DeFi、メタバース、Web3等の先進的領域における協力を検討実施するとしていた。

関連ニュース

参考:SCベンチャーズ
images:iStocks/LuckyStep48

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した